Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 音楽だけが悪に拮抗する


kamomekamome.jpg


KAMOMEKAMOME / Luger Seagull


 遺族には見せられぬ程に 形をなくした
 ソレが何か言った気がした


 上記はkamomekamomeの1stの必殺オープナー、"ハミング・エンバーミング"の一節なんだが、ぼろアパートの自室(畳とか超波打ってる)でうっかり人を殺してしまい、遺棄しに行くには人目が憚られ、かと言ってここ以外に風雨を凌げる場所もなく、死体と一人の奇妙な共同生活が始まって怨霊とかフラッシュバックに苛まれる毎日……みたいな感じだよなぁこの人達って。

 バイトする/ダベる/物思いに耽る/うろつく/フラれる/寝る……みたいな殺風景な日常にぞわぞわと不吉で忌わしい何かが浸食してくるような曲ばっかりのkamomekamomeの2ndであるところの本作、いきなりrock'n'rollっぽいリフがthrash metalよろしく2ビートに乗って鋭く疾走を始めたりするからびっくりした。

 いや、このスタイルは滅茶苦茶ツボなんだが、もっとこう、じゅくじゅく傷跡が膿んでるのを妙に冷静に眺めてる感が欲しかったりも。そこら辺、"ゲルバトル"のほとんど優雅と言えるほどに心地よいリズムとかふわふわ現実から遊離していくようなメロディとか「彼ら」や「裏路地」といった言葉に何故か死の臭いがキツ過ぎる詩とか最高です。

 勿論、これぞキラーチューンとばかりにドラマティックに展開する"事切れ手鞠歌"は何度聴いたか解らぬ。分厚く温かみのあるギター、ライドやハイハットの切れが抜群に気持ちいいドラム、野太く這いうねるベース、芯が太く朗らかな声質で泣くのを我慢して歌っているようなヴォーカル……ステキ! で、詩がこれ。

 雨が強く打つ窓辺に 売り物の服を並べた
 お客は来ることは来たが 露骨に嫌な顔晒した
 そりゃそうさご覧の通り 値札に「幸せ」と書いた

 わぁーぉ。






2008⁄02⁄20 18:51 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。