Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 引用009 『ブラバン』


 人はなぜ音楽を奏でるのか。僕はいま自分なりの答に至ろうとしている。
 音楽なんて、単純な物理法則を利用した儀式に過ぎない。
 音楽なんて、雑多な情報に取り囲まれた空虚に過ぎない。
 音楽なんて、本来他人とは共有しえない閃きに過ぎない。
 音楽なんて振動に過ぎない。
 音楽なんて徒労に過ぎない。
 音楽は何も与えてくれない。与えられていると錯覚する僕らがいるだけだ。
 そのくせ音楽は僕らから色々に奪う。人生を残らず奪われる者たちさえいる。
 なのに、苦労を厭わず人は音楽を奏でようとする。
 種を植え歩くようにどこにでも音楽を運んでは奏で、楽しいことばかりならいいけれど、それを原因に争ったり病気になったり命を絶ったりする。
 そんな手に負えない辛辣な獣から僕らが逃れられないのは、きっと、そいつと共にいるかぎりは何度でも生まれ直せるような気がするからだ。

  津原泰水/『ブラバン』pp.332-333





2008⁄01⁄10 22:29 カテゴリー:引用、もしくは考えるべきこと comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。