Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 音楽だけが悪に拮抗する


 昨年聴いた音楽の中で、強く印象に残ったいくつかをご紹介したい!

 昨年の私は散々に"Possibility of Life Destruction"であり、その生活を一言で表すならばまさに"Wreckage"であり、CDのコレクションは減る一方であり、そのため殆どアンテナをへし折っていたと言ってよく、あんまりちゃんと素敵な音楽を発掘できていなかったのだけど。

 ……そもそも音楽について喋りたい人のBlog恒例の「今年のベスト10」的なことをほとんど(全く?)して来なかったような気がする。お行儀悪い! そういうのは年末に静々と行い、「来年もステキな音楽と沢山巡り会えますように」と祈るが作法ぞ。それにだいたいお前、去年は古~いGothやあんまり好きじゃなかったバンドの音楽を再発見したりとか、そういうのばっかだったじゃいかよ。

DEATHSPELL OMEGA / Epiklesis II

 最近、DEATHSPELL OMEGAって語の構造は"Love Portion No.9"と同じだと気付いた。「最終的な××の魔法」的意味合いとして。そしてその気付きはDEATHSPELL OMEGAはおろか世界の何物にも利さぬでしょう! 滅びよ!

 今回のDEATHSPELL OMEGAはとても錯乱していて、とても美しく、緊張感に溢れ、いと勝れるものにより人間が世界が奈落へ突き落とされ圧殺される様をとても写実的に(ええ、写実的に)表していてステキ。ギターの音が実はオールド・スクールだって気付いたときは最高に嬉しかった。

OVERKILL / Bring Me The Night

 お前ら私が働いているときにOVERKILLのライヴ参戦しやがって! ちくしょう! 俺に夜をもたらし来せ! バカァ! この曲のリフはわりとあるタイプなんだけど、何だか特別。「変に凝らなくていいんだよ!」的な。お馬鹿さんがお馬鹿さんなりのやりかたで音楽の本質を鷲掴みにしたような。

 人によってはミュージシャンシップの停滞だって言うかも知れないけれど、私は年季入った渋い連中が傲然と自分の得意なことをしているのって好きでね。新しいものが常によいものとは限りませんでしょう? ああ――清々しい。

THE REIGN OF KINDO / Thrill of The Fall

 EL&P的な四度進行のオルガンが分数の土煙を巻き上げながら襲って来ますよ、とても優しく! 不用意に「EL&P的」なんて言葉を使うな、舌を抜かれて中央線のホームから突き落とされるぞ。リズムも曲のテクスチャも凄く複雑なんだけどとてもエモーショナルで、例の数学者が設計した薔薇の折り紙を連想する。

 Progressive RockのようなRADIO HEADのようなEmotional CoreのようなJazzのようなHard Rockのような。20世紀の音楽史を辿り直したら、なんか源泉めいた何かになってしまったような野蛮さをマイルドにお届け。高潔であり、演奏技術が卓越していることは素晴らしいことだ、うん。

P & G w/ G OST / Fallen Angel

 アニメソングだよ(そのシニフィアンは固定的なシニフィエを持たぬ)。原曲はR&B的な揺れるアレンジなんだけれど、こうやって装飾を剥いでみると、George Winstonのようなハートエイキングなメロディ。サビが終わるあたりに言葉がギュッと詰まる感じはトラッドのよう。夜更かししていて物語が終わり、庇護を失ったような寄る辺ない気持ちが幻肢痛のように! "When the rain, the storm, and all is gone/Caress me with your sweet lullaby"って詩がたまらなくいい。

 同作品の"D-City Rock"も雑~な感じで気持ちよかった。あれ聴きながら中野から散歩していて、座・高円寺が見えてくると、なんだか興奮してくる。ひゃっほう! D-Beats Cityだ! お前の悦びは貧しい。実に貧しい!

ANATHEMA / Everything

 年々穏やかに、ジェントルになっていく"呪い"の名を冠するバンドの新作は本当に沢山聴いた! そしてヴォーカルの水平方向への膨張っぷりに驚いた。なんて様だい! それでもわけても、この曲のハーモニィは思わず空を見上げてしまうほどに見事で。

 調和する。共鳴する。昇って行く。不思議な力だ。それは人間独りでは行えぬことで、昔、神学者や哲学者が命を賭けて護ろうとしたものは、それを可能ならしめるものではないかと愉しく想像する。一般的に<魂>と呼ばれる。悪魔に売り渡すのは熟考の末でもよいかも知れんね。

音楽だけが悪に拮抗する。
音楽だけが悪に拮抗する。





2011⁄02⁄08 21:00 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。