Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 ニーチェとかバタイユとかサドとかマゾッホとか、そこら辺の仔らと真面目に付き合ってこなかったのは気恥ずかしいから。ニーチェに関しては小さい頃に「太陽の隣人だってよ!」などと言いながら男子寮の一部界隈で流行った程度。なんとなくキメ台詞の多さと威勢の良さに辟易しつつ。

 最近Twitterってサービスでよく遊んでいるのだけど、そこでバタイユが愉快なことを頻繁に呟いていて、「この仔はパッパラパーなのかしらん」と思いつつ、魅かれていることに気付くのにそう時間はかからなかったと言う。畏友曰く「あいつ、サルトルがノーベル賞獲ったから、次は僕かもって身構えてたらしいよ」とのこと。

 で、ね。この期に及んでバタイユ・デビューしたのさ。『内的体験』は何かしら切実なことが書いてあるように思えるため、Kawaii。それは結構だが、同時期に買った『切りとれ、あの祈る手を』にしてもそうだが、事あるごとにニーチェを参照していて、落ち着かない気分に。

 全世界的に今ニーチェとゾンビが流行っている(ドイツ人とイギリス人はゾンビ大好きみたいですよ)と不当前提すると、両者は「この全てが翳り衰弱していく世界の中、私はこんなにも生きているぞ!」と主張する点で通底するように思われるよ。ジェイン・オースティンとセス・グレアム=スミスの『高慢と偏見とゾンビ』のあらすじを参照しよう。

 18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林寺の手ほどきを受け、りっぱな戦士になるべく日々修行に余念がない。

 ……何を……言っているの? でも、そうだね。冷たい風の中ほてほて歩いていると、ふと自分の生命が枯葉程度に感じられることがあるものね。心細くなり、ふと谷山浩子の"ガラスの巨人"の「悲しみが攻めてくるよ/もっと大きくなれぼくのからだ」って一節が狂う程に鋭いアイスピックのように感じられる。

何だか、生き方を度忘れしちゃったかの如くに。
何だか、生き方を度忘れしちゃったかの如くに。





2011⁄01⁄31 21:02 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



あっ サル山じゃなくてカミュちゃんでした!
(ノーベル取ってバタに嫉視されたと噂のマイト・ガイはよ……)

「衰弱しよう! 僕らには弱さが足りない!」
とか微笑んで夜の坂に水風船を転がして最近遊んでるので
そっちに転がったらお受け取りなさい!
(2011/02/01 18:47) URL | トノヅカ[ 編集]


トノヅカさん>

カミュ兄さん!
燃え上がる車のBGMに
「きっとかわいい女の子だから♪」という
リフレインが響くカミュ兄さん!

カミュ兄さんとバタ公では、あまりに……!

Azrealごっこ>

その頃、私は赤錆びた自転車のチェーンを
かじかむ指で直していることでしょう。
(2011/02/03 00:22) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。