Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 音楽だけが悪に拮抗する


BelfastConfetti

Ricky Warwick / Belfast Confetti

 日常にそっと寄り添います。

 楽しい想像:音楽にはいくつかの別な起源があるかも知れない。生命の躍動であったりもするだろう。だけど、今聴いているのは、貧困により生まれ苦難に育てられたらしいもの。その類で一番有名なものを、我々はBluesと呼ぶらしい。

 むかしむかし、THE ALMIGHTYってバンドがいましてね。Rock'n'Rollが馬鹿げた鋭さと出力を備え、歌心にこだわり、どこか憂鬱を引き摺っているような、でも、アメリカ勢にはないちょっと上品なフィーリングを持った、まぁ、ヘンテコリンな人たちなんだけど、そこのフロント・マンのソロ作を見つけたよ!

 小さい部屋で録音しているみたいな、とてもパーソナルな感じ。フォークのようなロックのような。フィドルにフルートが乱れ飛び、アイリッシュ・トラッドの香りも。アイルランドの貧困層がアメリカに渡り、Bluesが出来たとすれば、その前のアイルランドから出る前。

 正直、どの層に訴求するのかよく解らない地味な作品だと言えば言えるんだけどさ(アンプリファイアされた音が聴こえること自体が稀)。ラヴソングなんてただの一曲も入ってないぜ。"Angel Of Guile"って曲がやや近いけど、終わった幸せについて天に唾吐くって内容だぜ。

 どの曲も何だか憂いとか、貧困とか、そういうものを引き摺っている。引き摺っているんだけどさ! 寒くてお金なくて生活もしんどいけど、ぶつかりあったら暖かいから、まぁ、人生はとんとん。そんな風通しのよい知性がキリッとした詩情と共に、荒くれ野郎の熱い喉から迸っていて、とても心安らぐ。"Blood"って単語が度々出て来るんだけど、彼にとってとても大きな意味を持った言葉のようだ。

だから"If you're gonna bleed, wear black"って詩は優しい。
だから"If you're gonna bleed, wear black"って詩は優しい。





2011⁄01⁄29 21:00 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。