Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 Why So Serious? 『ヒックとドラゴン』


TameDragon
『ヒックとドラゴン』

 私たち、きっと、童話を観ましょうね!

 何となく評判いいらしいから借りてきた『ヒックとドラゴン』に仰天したよ。何とかって島にはバイキングが沢山住んでいて、そこにおいてはドラゴンってのは害獣であり、筋肉によりドラゴンを多くねじ伏せる者が社会的ステータスを得る。そんな世界のはぐれ者の話。

「お前はその……直さなくちゃな」
「今、僕全部を指した!」

 主人公ヒックはひ弱で減らず口だけど、剄い目を持つ少年。放っておくと勝手に入念な観察を行い、頼まれてもいないトライ・アンド・エラーを繰り返しちゃう。他者の介入がなければ、ちょっとしたパラノイアだけど、何だかとても好ましく、物語が進むに従い、その目が重要な意味を帯びてくるあたり、「よくできてるなぁ!」とキラキラしちゃうぜ。

 なにせ、状況を鋭く観察出来る人はリーダーに向く。

 ええ、そりゃあ勿論映像の凄さときたら! 竜の背に乗り飛ぶ、そのスピード! 観ているこちらの内臓がフワッとなるような落下! ばかでかいものが宙に浮かぶ恐ろしい威圧感! そして! 女の子が男の子を好きになっていく過程!

 勝気で武闘派なヒロインの目の動きを追っていて、もう胸がキュンキュンすることしきり。心配で盗み見しちゃう/庇護の対象として優しく見守っちゃう/主人公が思いの他出来る子で、ライバルとして敵愾心をむき出しにしちゃう(わたしの立場は!?)……と心の動きってこれだけ解るのかとびっくり。

 そしてクライマックスの前の対話だよ、もう。ヒックにとって、実にマズい方向に状況が転がり出し、打ちひしがれた彼に対し、わざわざ皮肉を言ってみせるシーンがあるんだけどさ。その時の不安や怒りが混ぜこぜになった表情(怒る? 怒る? どうするの?)から、ヒックの返答を聞いた時の会心の笑みを観るにつけ、もう足をバタバタさせてしまう。

 あのシーンって、女の子が「お前は何物だ」と問うところだったように思う。逆境において、どう決断を下すのか、その決断を下すお前の来歴は何か、という、こう、実存的な。で、女の子はヒックがとても気になっているため、あんまりしょうもないヤツだったらがっかりなわけさ。だからこその不安と、その後の笑顔ってわけさ。「よし、こいつはわたしのもの!」みたいな。

 大冒険に大団円! ここ最近クネクネ考えている主題とやや近いところにヒットしたこともあり、「想像力! これが想像力だ!」と小躍り! 新しい時代をもたらす者が<内部>と<外部>の境界に位置する何かになってしまう、残酷な神話性までキチンと封入されていて、子供相手ってのは生半じゃいかんよな、と背筋が伸びる(だってあいつら、コストパフォーマンスとか考えないじゃん)。何より。

「今、僕全部を指した!」と「見たら殺せ(Kill in sight)」って使っていきたいフレーズ。
「今、僕全部を指した!」と「見たら殺せ(Kill in sight)」って使っていきたいフレーズ。






2011⁄01⁄23 21:00 カテゴリー:感想と雑感 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。