Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 旧友と会う週末。

 それに先立って、実は詩歌の蔵書に強いと評判の15時の犬という古書店にぶらり。黄色い看板に後ろ足ですっくと立っている犬(だと思う)がマスコットなのに、そこは仄暗い白熱灯の元、天まで届けとばかりに本が高く高く積まれている天国でございました。店主、本気で無愛想。

 そもそも1年程度で「遠方よりのお客を安全で解り易い場所にナビゲートする」というスキルが身につくものかよ! 絵に描いたように考えなしに新宿駅で落ち合うことにする。ほら、もう散々な目に合って私も一回り成長したわけだし。Every Wounds Just Makes Me Harderなわけだし。

 かくて今回も新宿駅に牙を剥かれることと相成った。

 友人から見たこと無い形のビルの写真が送られてくる頃、私は東口に居ましたのよ。個人的にやや解り易いと思われる(何故なら近くにHeavy Metal専門店があるから)南口で落ち合うよう伝える。私は待つ。お花屋さんの写真が送られてくる。そこは東南口だった。お花屋さん、ない。

 急いで南口に向かう。ハレルヤ! お花屋さん! しばらく行き交う人ごみをぼんやり見送りながら待つ。相手から見当たらぬとの旨のメールが届く。虹色のドレッドヘアという末世的な髪型のガイジンの近くに居るよ、と返信しようとしていた矢先、近くに小田急やビックカメラがあるとのメール。うん、そこはきっと南口ではないね。

 受難の果てに人間的成長を遂げ、西口付近(あくまで、付近)で邂逅を果たす。やぁやぁ、お久しぶり。

 かくして、中野ブロードウェイに行ったり、有名な古書店をブラブラしたりした後、何だかお洒落なイタリアンとかに迷い込み、ナイフとフォークのマナーを一回間違えるごとに1本前歯が無くなることに怯えつつ乾杯! ダラダラとした呑みを繰り広げるのでした。会ったことのない人に想像上の似顔絵を描いていただき、サイン本を頂戴し、誕生日のプレゼントをいただく、など。

しゃ~わせ~。
しゃ~わせ~。





2010⁄10⁄19 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。