Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 交響楽と星座の対概念っぷりに驚嘆したりしつつ。

 前いた会社が、軽く利益って名前の怪物が恐ろしくてしょうがなくなるレベルの悲惨な終幕を迎えたり迎えなかったりしておるらし。資格なり経験なりは、それに大してあまり有力ではないのだけど、丸腰でボケッとしているリスクときたら、ちょっと、大概のもんだぜ。法律は個人の殺人を禁じるけれど、国家や利益はポテチ感覚で人に死を要求するんだぜ。

 この仕事はぼんやり作業するだけじゃあ、失うものが多過ぎるんだよ、だいたいさぁ

 そんなわけで、システム屋さんの仕事ってのは概念を定義することなんじゃないか、とぼんやり思いつつ、資格試験の準備をコリコリ進める。そもそも論大好き。ONE PIECEのキャラの中でお気に入りはニコ・ロビンとチョッパー……どっちも学者肌かよ、と自らの嗜好に呆然となるぐらい好き。

 このご時世、「時間局所性」だの「空間局所性」だの意識しながらシステム作る人、いるのか、といぶかしむけれど、ほら、陰陽道とかで本名を知られることがタブーとされるってのがあるじゃないですか。真名を知られると生殺与奪を握られるとか、何とか。

 a = b + 1

 上記のような式をシステム屋さんは「変数aに b + 1を代入する」と言ったりするのだけど、古来より歴史を貫いて不気味な存在感を主張するLISP界隈(及びその派生プログラミング言語)では「変数aに b + 1 を束縛する」と言い習わす(変数束縛、とも)。そこら辺に陰陽道を見ましたのです。そう言えば陰陽師の使役するものを<式神>って言うよね。ここで言う<式>はFunction(機能)って意味! ああ――なんてことだ。

SEが現代の魔術師だったなんて。
SEが現代の魔術師だったなんて。





2010⁄09⁄08 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



そんなことよりBULLDOZER聴こうぜ!
ミラン! ミラン!
(2010/09/09 10:18) URL | イタバシ[ 編集]


Yes,BULLDOZER,Yes!
We do hate GOD!!
(2010/09/11 14:32) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。