Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 ある精神分析家とクライアントの話。

 その母と娘は互いに互いの人生を熱心に破壊しあっていたそうな。治療が進み、ようやく母と娘を対面させられる程度に回復してきたに思われたのだけど、その実、会わせてみたら変わらず互いに傷つけあう。

 何にせよ、治療の記録を残さなければならない。だけどその精神分析家が書けたことはと言えば、ただただ殴りつけるように「Sad! Sad! Sad!」と、のみだったそう。これ、少しだけ私が師事していた先生の話。

 この話を読んで私が学んだことはといえば「このようなケースは"悲しい"という感情で受け止めるのが正しいらしい」ということに終止しており、分析の手法とか、カウンセリング技術的な理論とか、そもそもどんな文脈で出てきたことすら朧であるとか、ないとか。Yes、自分の感情すら上手く扱えぬよ。

 なんでこの話を今思い出したんだっけ?
 なんでこの話を今思い出したんだっけ?





2010⁄08⁄16 00:41 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



どうして最後のフレーズを繰り返すのですか?(つд`)
(2010/08/16 08:39) URL | うさちゃん♪[ 編集]


その理由はお前が決めなさいね。
その理由はお前が決めなさいね。
(2010/08/22 15:40) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。