Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 日本のタルタロス、FUCKOKAから前の会社の(前の会社の!)寮に戻って放心していたらば、激しく玄関の扉を叩く音。そんな無礼な事物は勿論無視なのだけど、どうやら闖入された模様。今まさに身繕いして出ようとしてましたよ、的なトーンで出迎えてみると、寮の大家さん。

「いつまでも居座られても困るんですよねぇ」

 俺、お疲れなのに。弁護士曰く「法的に追い出すことは出来ないはずなので、しばらく辛抱して下さい」とのことだが、そんなだらしないのはイヤだし、そもそもがそこまで退歩すること前提の弁護って何なのさ。出てく! 出て行くともさ!

 穢き所に、いかでか久しくおはせむ!

 前の会社の(前の会社の!)インフラ系のTさんは10年ぐらい東京にいるのに鹿児島弁が抜けず、何だか懐かしい気持ちになるのだけど、彼が車をお持ちとのことで、寮からの荷物運びをお願いした。

 なんだ、梅屋敷から高円寺まで18kmしかないじゃない……と思ったら、「ここはいっつも交通量が半端ないからね~」とのことで1時間ぐらいかかった上に「あ、今の角……」当然お前のそんなナビは、トイレットペーパーの芯程度も役に立たぬ。二人して阿佐ヶ谷に迷い込み、その美しい街並みに感嘆の声を挙げる。見上げれば木のアーチ。

「すげぇ……」
「なんか、住んでる人が内側から輝いて見えるっス……」

 寒い時は他の地区より皮ジャン率2割増し、暖かい時はバンドTシャツ率4割り増しな私の新居と較べ、なんという品位、そしてなんという落ち着き。次はここに住んでみたい。そして徐々に西進し、いつの間にか福岡に帰ったりしてみたい。





2010⁄06⁄04 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。