Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 これはGW(Gay Want you)に起ったこと。

 用事があって街中に出向き、帰りに必ずバスを間違えて高速道路に突っ込まれ、気が遠くなるほど家から遠いところで降ろされることを繰り返し、ほとんど地獄巡りのようだ、と溜め息。デヴィッド・ホールデン君はこうやって狂っていったんだっけ? いいえ、違いますよ、間抜け。

 10年間私の言う通りに切ってくれなかった美容師さんのところに髪を切りに行き、涙ぐまれる。貴女のお陰で大して思い入れなり拘りなりがあるわけでもないのにずっと同じ髪型でいることが出来ました。多少勤怠が悪くても「ほら、俺、ROCKだから」で凌げました。

 今までありがとうございます。凌げていたかは、多少疑問ですが。

 一仕事片付けて家に戻ったら、大家さんとかち合う。「安心したよー、本当! もうね10年ぐらい使ってくれてたでしょ? わたし、自分の子供みたいに嬉しい! 東京で職が見つかったんだってね!? お母さんも安心してらっしゃるよ! 帰ってきたら、一緒にご飯食べようね!」

 ありがとう、大家さん! 最長で半年家賃滞納とかしてても追い出さないでいてくれて! でも私は会社が潰れて別の会社に移ったワケで、順調にNEETしていたわけではないのです……どこかで捻じれて、情報が変な伝わり方をしているみたいなのですが……。

 やぁ、ゆさん、信じがたいことに自体は収束して来たじゃないか。ガランとした部屋で咳をしてみると(それはもう本格的に埃っぽいのだから!)、物のない部屋にその咳の音が反響して、ああ、何かが無くなるってのはこういうことかと深く納得する。ECHO――かつて在り最早無いもの。

 夜。突然、寂しくて悲しくて、頭が痛くなる。





2010⁄05⁄31 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。