Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 住む場所は、なんとなく高円寺が好きかも知れんってことで、今度は住処をフィックスするステージに入りましてよ。連日の終電までの残業を華麗にやり過ごし、週末は電車でガタゴト呑気な旅という日常を続けている。ここ最近で、今まで生きてきた分の電車乗車回数を遥かに上回る感じに電車に乗っている。

 もう電車と結婚すればいいじゃん。

「妥協できる点、出来ない点をまず決めるべき」
「家賃に関しては出せるギリギリの額からちょい引いて相談するべき」

 先達にありがたい教えを賜り、賜ったわりに何のヴィジョンもなく部屋を飛び出す。せっかくの土曜日にネットで部屋探しを続けていて、甚大な危機感に苛まれたため。真実は自分の足の下にあるんだよ! なんとなく入りやすそうな不動産屋さんに入ってみると、早速イケメンに貼り付かれ鼻白む。

イ「ご予算は、いかほどをお考えですか?」
ゆ「これくらい!(常識外れな額を提示する)」

 かくて、悲喜こもごもの水面下の形而上学的な闘いが繰り広げられることになったが、私の争点が「お前のような、受け入れて貰って当然みたいな空気を出すヤツが気に入らない」というアメリカ大統領職ぐらいにしょうもないものだったため、実質的な遣り取りとしましてはただただ私が「はい」と言わされるぐらいなもんで。

 いや、それにしてもこちらが出した「可能な限り安くて」「それなりに防音があって」「なるべく駅に近くて」「上記の条件内で一番広いところ」というフザけた条件を全て満たす、ちょっと臆するぐらい広い部屋を用意したあのイケメンは有能かも知れん。こんなところでも敗北を喫するとは。

 若干間取りが不気味な点を除けば、あそこはきっと、とてもいい部屋です。

 手続きが終わる頃にはとっぷり日も暮れ、お酒でも呑もうかいって時間。入居審査の結果が判るのが週明けとのこと。審査、通るといいなぁ。せっかくだから一杯嗜んじゃおうかな、と繁華街をウロウロしてて気付く。おい、こんな夜遅くに妙に沢山の古本屋さんが商い中とはどういうことだ。

 ついでにここに来て3人の男女に会釈されたのはどういうわけだ。

 最早、刹那の享楽のために開けているとしか思えない(深夜に古本を買い求めるニーズなんてあるものか)。もしそうでないならば、人知れず忍び寄り、人間の魂を深く傷つける邪悪な何かと、霊的な闘争を繰り広げてるとしか思えない。魔王のいない世界の勇者様ご一行/とってもセンチネル。古本に限らず、本屋さんの地鎮効果って、なんだかバカにならないよね。





2010⁄04⁄23 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



恐ろしいところに住むなぁ…



朝早いと地獄だよ(>_<)
(2010/04/23 21:51) URL | うさちゃん♪[ 編集]


ギッチギチ♪
ギッチギチ♪
(2010/05/20 00:16) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。