Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 仕事も所属もあるのに(ありがてぇこってす)、微妙に住所不定気味である、そのストレスが弱い酸のように私の心を蝕む昨今、世界は春に覆われた。いい加減、覚悟を決めてこの狂った街Tokioに住居を構えようと思って、色々な人に私は何処に住むべきかを聞いてみたよ。

 ねぇ、私は、一体何処に住めばいいんだろうね……?

 江古田、中央線沿線の何処か、そして笹何とかって場所あたりをオススメされた。笹何とかは弟Aが「いや、そこもいいんだけど、笹何とかが……」だの「笹何とかは地理的にもよくて……」だの大変ご執心なので、敢えてそこは避けたいところ。あいつ、絶対に泊まりに来る気だ。

 そもそも「私は何処に住むべきですか?」という問いに対して、それなりにキチンとした解答が返ってきていることに戦慄を禁じえない(聞いといて何て言い草だ)。「そんなの、お前の好きなところに住めばよかろ」としか言い様がないじゃないか。根源的過ぎる問いは、なんだか落ち着かない気分にさせる。「どうやって歩くの?」とかね。

 ともあれ。色々なご解答ありがとうございます。

「交通の便だねぇ」
「なんとなくゆさんには中央線沿線に住んで欲しい」
「何処が妥協出来て何処が妥協できないか、じゃない?」
「俺、中央線沿線が好きなんで、それぞれの駅のメリット/デメリットを表にしたい」
「三鷹はちょっと遠いけど、中央線の特急の始発駅だから、座れます」
「まずは駅を降りてみたら? 西口、東口、北口、南口、全部の改札から外に出て歩いてみて、好きだったら、きっと好きな街だよ」

 ……現場のリーダーの中央線に対する執着は物凄く、もう「あ、もう面倒になったんで、今住んでるところの近くに安くで見つけました」とか、全然通用しない感じに話が進んでしまって……。あと、「実際に歩け」と渋いアドバイスをくれたのは先輩A。氏も会社が倒産する前、なんだかプロジェクトに滑り込んだので、次の会社で同期でっせ。

 そんなワケでぶらり中央線沿線途中下車の旅というミッションが架されましたの。





2010⁄04⁄17 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



おおトキオに住むんですね。
三鷹いいじゃないですか。名前がかっこいい。
(2010/04/17 22:20) URL | たにがわ[ 編集]


トキオ在住になりますよー。
THREE HAWKは、きっと一生「鷹」の字書けない。
(2010/04/18 23:19) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。