Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 イタバシさんが所属するバンドがライヴするってんで、急いで馳せ参じた次第。

 場所はShinjukuKabukicho……のはずれ? なんかそんなところ。うへぁ、一人で辿りつく自信が凄くない。何となく品川まで出て、こう、左に行けばそれっぽいところに向かうハズ。そう思うと俄然元気になる。私ならきっと辿りつける。Reach out and touch faith。いつだって組織化された信仰よりも個人的なキリストが勝る。

 そして――Kabukichoをズンズン進んでいるところを何だか国籍不明の一団に浚われ、気がつくと人力発電所の地下で変なトーテム・ポール的な何かをゴルゴル回していたって不思議ではない気がする。そこで奴隷仲間と意気投合し、欧米史に言わせると史上最悪のテロリスト、しかし、一部界隈では英雄と謳われてそうだ。おお、<歴史>よ!

 自分のテーマ曲が流れるのを感じる。

 「何かこっちっぽい」という啓示に頼りきった方針に行き詰まり、Kabukichoの交番に助けを求める。毎晩Yakuzaと骨肉食む闘争を繰り広げている(はず)の彼らはとってもハキハキして感じがいいでした。近くのラーメン二郎という不思議な食べ物を出す外食店でご飯食べて、いざや楽しきライヴへ。

 受付にて一悶着あった後(うちは特殊なシステムで……と言われたが、その特殊性がついに飲み込めなかった)、ライヴ会場に入ってみれば、ファンタジー小説とかでクレリック(僧侶)やってそうな服装の一が不思議な弦楽器を駆使して、中世的というかアンビエントというか、そういう歪曲空間を造り出していた。Cross Cradleというバンドらしい。

 こいつぁ楽しい夜になりそうだ。

イタ「メイデンのアルバムでどれが一番好きー?」
ゆ 「Live In Donington?」

 その後も絞首刑コスに身を包んだ4人のスーツ男がアメリカ前衛詩的なアジテーションで曲間をつなげるインダストリアル(ドカ・ドカ・カニバリズム)とか、20年近く続いているメロディック・スピード・メタルの雄(Blasdead)とか、人間椅子がもっとEYEHATEGODだかっぽくなって大変血腥くきな臭いDoom(中学生棺桶)とか、寄る辺無い連中ばかりがステージに上がる。

 大とりはイタバシさん所属の霞鳥幻樂団。バンジョー奏者、三味線奏者、アコーディオン奏者が擁する和服白塗り連中が飛び跳ねるという異常事態。そこはかとなくロシア民謡の匂いがする。そして――まま疾走する(なんだかイタバシさんの暗躍が透けて見える気がするぞ)。もう、お国がわからなくなっちゃう。

 Mantraにせよ、何だか最近Mother Russiaに触れる事が多いような……KGB?





2010⁄02⁄28 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(3) trackback(0)











コメント



「人力発電所」ってサラッと書くなよ(笑)。

ご来場ありがとうございました。

そうか……ラーメン二郎で食事した後だったのか。
ならばもっとネチっこく絡んでもよかったか。
(2010/03/02 19:17) URL | イタバシ[ 編集]


プーチンは偏在する
(2010/03/02 22:28) URL | ハサーソ[ 編集]


イタバシさん>

Human Dynamoならまだ……。

こちらこそ、楽しい時間を。

初回は柔らかめでいいよ!
二郎、何かヘトヘトになるよ!

ハサーンさん>

ルカーチは素晴らしい。
(2010/03/02 23:43) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。