Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 折からの不況でプロジェクトの絶対数も減っており、当社も経営が厳しい中。

課長「ゆ、1週間ぐらい東京行かない?」
ゆ 「は?」
課長「なんか、先任者が倒れて、1週間ぐらい代打で来て欲しいって」
ゆ 「いや、何でそこで俺なんですか」
課長「スキルがマッチしてるの、ゆだけなんだよね」
ゆ 「出張費その他諸々で、利益でなくないですか?」
課長「だけど面白そうじゃん?」
ゆ 「傍目にはそうでしょうけど!」
課長「って言うか、もう『スケジュールが合えば』って返事しちゃったし」
ゆ 「ちくしょう、ちくしょう!」

 あー。1週間単位で人が倒れるレベルのプロジェクトで、さらにはその1週間の猶予もないプロジェクトなー。修羅一刻――日常を安寧と生きる一年なんかより、鉄火場の一瞬のほうが、生きる力だか功夫だかの成長度が勝るとか。それはもう、爆発的よ、爆発的。

 丁寧にお断りしたく思っていた折、スケジュールが合わなかったという幸運。それが昨年の暮れ。

 で。凄腕JAVA野郎であるところの先輩B(お久しぶり!)がお酒の席で、まさかのプロジェクト取り逃しという大事故! 雑談的に「アー、ソレハマダヤッタコトナイデス(その機能は実装されていません)」と音声データを出力したところ、そのプロジェクトのリーダーがその場にいて、なんだかNGということになったらしい。

 そこでとっさに我が社の偉い人が「そういう仕事なら、うちにいいの居ますよ! 先輩A(お久しぶりス)ってのと、ゆってのがですね!」とフォロー! 俺たち、仕事に超貪欲だぜ! 「そんなわけで、ゆ君、来週から東京に行ってもらうことになったんだけど。設計ね」と部長代理。

 ……え?

 この決算前、設計をするってことは、間に合ってないんじゃないかな。そんな中にエンターを凄く速く押す程度のスキルしかない私が放り込まれて、うろ覚えの言語を使っての設計とか、凄く楽しいことになるんじゃないかな。先輩A、先輩B、そして私で東京プロジェクトって、以前あったような気がするし、その時ときたら、それはもう楽しい感じだったような……。

 ああ、窓に、窓に。





2010⁄02⁄12 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(4) trackback(0)











コメント



デ!ス!マ!デ!ス!マ!
(2010/02/13 08:48) URL | たにがわ[ 編集]


たにがわさん>

sm4564428

みwなwぎwっwてwきwたwぜwwwww
(2010/02/13 18:01) URL | ゆ[ 編集]


虚無への供物を読みました。
(2010/02/14 18:03) URL | うさちゃん♪[ 編集]


うさちゃん♪さん>

不吉なもん読むな。
(2010/02/16 21:46) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。