Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 Oracle Master BronzeのSQL基礎とかいうヘンテコリンな試験を受験いたします。

 テストセンターに赴き、そこに備え付けてあるPCの前に座る。いざ、試みの時。打てる対策は全て打った。その挙句脳がオーバーフローして全てが曖昧だ。「試験開始」のボタンを押す。エラーを吐く。騒がしくなるテストセンター。「……えー、ポップアップを閉じてもらって、試験開始していただいて大丈夫です」

 ……本当に、大丈夫なんだね? 信じて、いいんだね?

 なんだか癖のある試験で、55問中、10問は採点されないとか。いざ望んでみて、エラーギリギリに思える選択肢が5つ並んでいる中、正解がない(つまり、全部エラー)とか、そういう凶悪な問題群に天を仰ぐ。これが、多分採点されないんだろうなぁ……何故こんな汚いコードばっかり読まされるんだよ!

 だいたい、「すべての商品ID、在庫数を表示する」という文言の「すべて」はどこにかかるのだ。「商品ID」なのか。「商品ID」と「在庫数」なのか。問題どころか問題文を読むことだけで一苦労できる2時間。合格することよりも完走することに意義があるように思えてきて、ひどく空虚な気持ちになってくる。そして襲い来る尿意。

 ああ――これは、罰です。
 ――様々なことを疎かにし、雑な生き方をしてきた私に対する、罰です。

 貧乏ゆすりもBPM200を越える頃、どうにかこうにかけりをつけて、祈るような気持ちで試験終了。正答率0%、と採点されても正直納得してしまいそうなぐらい自信がない。そもそも最初にエラー吐いてやがったけど、大丈夫なのか。正答率69%、合格ラインは60%でなんとか合格。やれやれ。

 気付けば、発行された簡易合格証書が葉っぱに変わっており、そもそもテストセンターだと思っていた建物は竹林の調べ喧しいあばら家だったとしても、それはそれで腑に落ちる感じの心持ちで家路につく。う、受かったんだよなぁ?

 ……あと1試験……あと1試験クリアすれば、目的の試験に着手出来る……。





2010⁄02⁄04 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



試験ばっかで大変やなぁ

問題作成者のセンスってあるよねー(≧ω≦)
(2010/02/05 03:57) URL | うさちゃん♪[ 編集]


Q:「○○な魚類はどれか?」
A:「ハマグリ」

……みたいな、腑に落ちない出題をするヤツは
今までいたし、これからもいるだろう。
(2010/02/06 01:21) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。