Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 さてもさて、Ruby技術者認定試験を受けてきたよー。

 のろのろと起きて日々の雑事を片付け(合間合間に模擬試験の問題を読みながら)、幽鬼の足取りで会場へ向かうも、迷う。神テメェ。毎度不必要なアトラクションが用意されているこのクソ人生も悪くない。一度きりで、終わるなら。

 見当違いの方向に随分進んだところで根を上げ、コンビニに助けを請い、壮絶に時間を浪費しつつ、ときに間違ってまったく関係のないビルの使われてないフロアに迷い込み、心細さで世界の色が失せて見えたりしつつも、なんとか試験会場の近くの喫茶店に腰を落ち着ける。

 そこが脱サラした髭のマスターが妙にフレンドリィに絡んでくる魔界だって――ぼくはそのとききづくすべもなかった。壁にかかっている年季の入ったギター(フェンダーのストラトキャスター)、そしてBGMはPINK FLOYDのライヴだ。同属嫌悪が燃え上がる。静かに、しかし、激しく。

「そこの席は凍えるよぉ。こっちに入りなよ」
「アイスコーヒー!? どんだけ季節感がないんだよ!」
「うわ、目がチカチカする!(試験対策の資料を一目見て)」
「またアイスコーヒー!?」

 Leave! Me! Alone!

 思わぬ横槍に散々晒されながらも、なんとか試験にありつく。やれやれ。もう私はこの時点で私を合格させてあげたい(また!)。試験は予想より若干難しい程度だったけど、なんとか受かるんじゃないか、ぐらいのてごたえで、早々に試験終了。ギリギリで合格に滑り込めましてん! って言うかそんなに間違えてたのか! 死神の鎌がうなじの和毛を薙いだ感覚に、試験後しばらく震えが止まらない。

 IOを絡めたFile/Dir関係の問題が多かったような気がしますのだ。受験予定者は注意なされよ。

 度重なる緊張を解すために、お酒出してくれる軽食屋さんでビールでパスタを流し込み、「やれやれ」みたいな感じになっていたら、隣で談笑していたお姉さんに何だか写真を撮られる。一体今の行為の意図は何だったんだ/食事のマナーが悪かったかも知れない/私のキモさが甚だしくなかったという保障はない。やれやれ。

 キモさが甚だしくなかったという保障は、ないんだよ。





2010⁄01⁄17 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。