Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 Ruby技術者認定試験(Ruby Association Certified Programmer Silver)って資格試験がありましてね。オープンソース文化でこういう試験って格好よくないのかな、と思いつつも、Rubyistの端くれ(そうなんですよ、実は)として、持ってないのも癪だし、コミュニティが潤えばいいなって思って受けることにしたンすよ。

 1週間前に。

 自分で手続きしておいて何だけど、1週間とかで受かるワケがなかろう。「ゆなら、まぁ、受かるんじゃない?」とか、そんな四則演算が不自由な感じの期待/プレッシャーにまんまと踊らされ、問題がダマになったまま試験勉強に頭から突っ込むことと相成りましてよ。あと、みんな受けるって言うし。

 この息詰まる焦燥が生の実感ってヤツを弥増すよなぁ!

 とにかく時間がないので、戦略的にお勉強しようよ。事前調査により、生Rubyの機能から出題されるとのことで、文法と組み込みクラスのみに勉強対象的を絞った。クラスに関してはArray、Hash、String、Regexp、File/Dir、Timeの順に優先順位をつける。

 文法に関しては、コミッタのYuguiさんが書いてる『初めてのRuby』と人から借りた『Ruby技術者認定試験 公式ガイド』をおさらいして、模擬試験の解答・解説を熟読することにした。どうせ腕試しをしてる暇なんてないんだ。模擬ってる時間があるならひとつでも多く自信のある箇所を増やしたい。どこを押えてて欲しいのか、出題者の意図を汲むことに傾注する。

 組み込みクラス等のよく使う機能に関しては公式のRubyリファレンスマニュアルにあたって、よく使われるメソッドを分類分けしてまとめた(selectとfind_allは同じ、とかね)。徹夜してまとめた。わたしおとななのに いちやづけとかしてて おもしろい。カフェイン・オーバードーズでお腹を痛くしながら、「ああ」って思った。

 なんか、「ああ」って思った。





2010⁄01⁄15 21:00 カテゴリー:お勉強 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。