Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 年も明けたし、大掃除の続きでもするか! 本のお片づけを行う。徹底的に、そして、無慈悲に。悪いものに憑かれていたとしか思えないスピードで買い込み読みこなしたビジネス書と様々な技術の入門書に大鉈を振るい、古本屋さんに売るべきものを選別し、積み上げる。私のBitter Half。

 リトル・ピープル的なモニュメントができあがった。

 観よや、このいやしくも空転する上昇志向と腐敗し不快な臭いを放つ自意識の山ときたら。その低められたイコンっぷりよ! それは何らかの傷口であり、それは薔薇であり、迷宮にして鍵である。痛みが英雄の通過儀礼ではなくなった現在において、刺青は傷の外在化である。

Where will you be they tense for warfare?
弛まぬ戦渦にありて、貴女は何処に
What will you see with your innocence there?
其処で貴女の純潔は何を見られるのでしょう
Where will you be my darling?
愛しい人よ、何処に
Where will you be they tense for warfare?
弛まぬ戦渦にありて、貴女は何処に

Where will you be when God is glorifying?
神の栄光が降り注ぐ時、貴方は何処に
There we will be between the dead and dying
死者と死に行く者の狭間に私たちは在るでしょう
Where will you be my darling?
愛しい人よ、何処に
Where will you be when God is glorifying?
神の栄光が降り注ぐ時、貴方は何処に

 ゲドがそうしたように、ガンダルフがそうしたように、私は私を受け入れなけいやいやいや、何と言い繕おうと、これはちょっと気まずいだろう。タオルを噛み、くぐもった声で「アーッ」って叫ばざるを得ないだろう。ダンボールに詰める作業も億劫で(ちゃんとソートしないと入らないからな!)、本の塔の隙間に身体を横たえ、新春早々ふて寝。





2010⁄01⁄09 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。