Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 引用032 『1974 ジョーカー』


「おまえは彼女が欲しかった、そうだな?」
「はい、警視」
「だがまったく相手にしてくれなかった、そうだな?」
「はい、警視」
「そこでおまえは何をしたんだ?」
「強引にやりました」
「何をやったんだ?」
「性器に入れました」
「それから?」
「口に入れました」
「それから?」
「肛門に入れました」
「それから何があったんだ?」
「彼女は黙っていませんでした」
「彼女は何と言ったんだ?」
「警察に通報すると言いました」
「そこでお前は何をしたんだ?」
「首を絞めました」
「それからお前は何をしたんだ?」
「頭の皮を剥ぎました」
「なぜだ?」
「彼女がまだわたしを見ていたからです」
「もう一人と同じようにだな?」
「はい、警視」
「どう同じなんだ?」
「もう一人と同じです」
「自白したいんだな?」
「はい、警視」
「何をしたいんだ?」
「自白です」
「よろしい」

  デイヴィッド・ピース/『1974 ジョーカー』pp.473-475





2010⁄01⁄07 21:00 カテゴリー:引用、もしくは考えるべきこと comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。