Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 これは半年ぐらい前の話。やれ宮崎だやれ熊本だと駆けずり周り、同時並行的に新しい製造を抱えつつ、人手が足りずに先輩のみ出張の最中。連日の寝不足がいい加減身体に障るようになってきたため、ドサクサに紛れて定時ダッシュせんとす。

 「ゆ君、もう帰るの!?」と総務の方から矢のツッコミ。やべぇ! 見つかった! 「いや、ゆ君って、歯医者とかクリーニングとか、家が壊れたとか、そういう時以外早くに帰らない印象あったから」何だろうこの噎せ返るような生活臭。

 何も会社でここまでプライベートをオープンにする必要もないと思うが、部代との遣り取りで社内的に周知されてしまう。そうこうしているうちに部代がフラリと近寄ってくる。

ゆ 「今日は帰ろうと思います」
部代「あ、そ。何するの? 帰って何するの?」
ゆ 「鬱陶しい!」

 お勉強や男女が伝統的な役割を演じるようなことをするのさ!

 そこで部代に拿捕される拉致される軟禁される。会議室に2人、部代と私。どうしてこうなった。「ゆ、とてもイヤな思いをするかも知れない。こけたら、会社的にもキツい。でも、賭けたんだよ」と、訥々と次なる炎上プロジェクトの説明をされる。説明の途中、手が振るえて、ギュッと握る氏を見て「大変なんだな、生きるってのは」と思った。

 色々とね、こう。

 しかし! 成功率が4割を切るような賭けは! 賭けと言わんのだ! 思慮がないのと勇気が外面は似てても決定的に違うように、私にそういうことを任せるのは、自己破壊の欲求の一例にしか思われず。そんなこんなで、自暴自棄な勢いで、とってもグルーヴィな経歴書なんぞしたためてみる。

ゆ 「今のプロジェクトの、あの活躍のこと、書いていいですか?」
部代「問題ない!」

 そこに描かれた自分像に劣等感を抱くような、素晴らしい経歴書の完成です! ……取り消したい、取り消したい。みんなが必死に働いてるとき、足の裏の皺を数えてましたって書けばよかった。自宅にてタオルを噛み、くぐもった声で「アーッ」って叫ぶ。





2009⁄12⁄23 00:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



半年前の話をされてもッ(>_<)
(2009/12/23 10:06) URL | うさちゃん♪[ 編集]


コンプライアンスとかあるから、
今のプロジェクトの話はまた半年後だな!
(2009/12/23 22:18) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。