Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 痙攣れる死鶏の眼、輪唱の 輪唱の輪のひろがるなかに

 さてもさて。半年ほど前の、会社の呑み会の席での話。会社の人の知り合いが結婚詐欺にあったそうなので、その概要を記す。語る本人としては笑い話らしいのだけど、その場にいた人たちは全員凍りついたんだぜ。

 むかしむかし、あるところになかむつまじいカップルがいたそうな。

 ある日、彼女さんが突然「好きな人が出来たから結婚する」となどと論理の階梯を鮮やかに数十段飛び越したことを言い始め、彼氏さんも彼氏さんで「そいじゃあ身を引こうかい」と他者の<他者性>を損なわな過ぎる返答。

 しばらく経って、彼氏さんに一通の手紙が来たそうな。それは、当の彼女さんの結婚式の招待状だったそう。彼氏さんは「そいつぁめでたい!」とそれに出席の返事をしたそうな。そして当日。

 洋々と結婚式に行ってみると、出席者全員から「何しにきたの!?」的な罵声と嘲笑の渦。

 何でも、その結婚式は彼女さんが仕組んだ壮絶なドッキリで、出席者の友達は嘘結婚式を面白がり参加、従兄弟もなんだか参加。でも叔父さん叔母さんを巻き込んでの大騒ぎだったため、親類一同激しく腹を立ててしまったそうな。

 かくして彼氏さんは彼女さんと手に手を取って、彼女さんの親類一同に謝るため、日本縦断謝罪行脚に出かけましたとさ。めでたし、めでたし。

 ……我々の知る、世間一般で言う結婚詐欺とは似ても似つかぬ顛末。「ね、面白いでしょ?」といった風にリアクションを待つ語り部。何処をどう補正すれば現世の話に着地させることが出来るのか考え込み、それを放棄し、最終的に甚大なストレスの中に置き去りにされた我々。

 冒頭は塚本邦雄より。KU・NI・O is cool! KU・NI・O ist Kreig! かように悪夢的な光景を、我々はいつかどこかで見た覚えがあるように思う。父/母の心に昏い記憶として沈殿しているらしい、調理前に鶏を絞める風習も、業者さん以外はそう目にすることはないはずなのだが。

 趣味的に日常的にメメント・モっておられる方を除いて。





2009⁄12⁄13 00:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



状況がまったく理解できません>嘘結婚式

彼女とその友達がドッキリを企画したのか?
招待された人は皆ドッキリだと分かっていたのか?
それにしては叔父・叔母を呼んでいるのはどういうことか?



…………難しすぎる><
(2009/12/13 10:16) URL | うさちゃん♪[ 編集]


現実は分厚すぎて……。
(2009/12/14 01:56) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。