Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 一ヶ月に一回大病、一ヶ月に一回大病のゆです!

 最近私ときたらまたぞろ体調を崩しているのだが、ちょっと今回は大きめのアレで、部代と課長を交えて話をした。不整脈が酷く、コンビニ気分で世界なぞ燃え堕ちれば良い、この頭痛が治まるのであれば、という地点に辿りつき、病院へ。私をフィックスするか、世界が滅ぶか、だ!

 兎にも角にもドキドキ心電図やわくわくレントゲンの結果、身体に異常はないそうだ。母が心臓の手術をし、父を肺から転移した癌で亡くしている私、それはもう気付けば叫ぶように白い病室の見知らぬ天上……という風景を、ありありと幻視するのです。

 まるで、故郷のように。

部代「それ、大丈夫? 長期的に見て、対抗していく策ってある?」
ゆ 「う~ん、まずは病状が落ち着いてからですね。そこから軌道に乗せていく、と」
部代「ストレス溜め込んだりしてない? 解消法とか持ってる?」
課長「セックスかな

 その後キッチリ仕事を終えて、帰ってきたら、玄関に噎せ返るような金木犀の甘い匂い。

 誰か来たのかな? こんなに金木犀の匂いをさせてるなんて、そいつはきっとまともな人間じゃねぇぜ。まったく、残業して命拾いしたぜ。などと考えながら部屋に入るとさらに匂いは強まり、いよいよちょっとこれは危機的な状況なんじゃないかと身構える。

 換気のために部屋の窓を開け放って仕事に行っていたのだが、流石に日が落ちて寒くなってきたため、閉めようと窓辺に歩み寄ると、白く小さい花をふさふさと枝につけた、当の金木犀と目が合う。やれやれ。何てマジカル。

 まぁ、そんな日もありましょう。





2009⁄12⁄05 00:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。