Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 本当のおかっぱにって何回も云ったのに、意気地なしの床屋め

 これは穂村弘の『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』という歌集に収録されている歌で、私はこの歌がとても好きなのです。何度も短くって云ってるのに何だかんだで結局現状維持の髪形……意気地なしの床屋め!

 待ち時間1時間、実際切るのにかかった時間20分というあたりにちょっと納得いかないものを感じないでもないが、それより問題はゴスい格好をした新人さん。その左目には闇夜を照らす眼帯! 眼帯!

先輩床屋さん  :「ゆが待ってる間、眉を整えててくれます?」
ゴスい床屋さん :「あの、左目が見えないので……」

 「……ファッションじゃないんですか?」と聞くと、「本当にモノモライで」と蚊の鳴くような声。それを覆い尽くさんばかりの周囲の床屋さんズの「やっぱり!」「ほらやっぱりそう思われた!」という声。なんだその危惧。最終的に「明日から普通の格好しておいで」と、膝あたりに十字架の刺繍が施された凄まじいジーンズをはいた年配の美容師さんは諌める。なんか……すまぬ。

 かくも普通とは難解であるのだが、それにつけても「短くして下さい」「じゃあ髪を梳いて短く見せる方向で」というやりとりの不条理さよ。短く見せるとかじゃなくて、短くしてくれって云ってるのに! 意気地なしの床屋め!





2007⁄10⁄22 00:42 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(3) trackback(0)











コメント



いや、そもそもそれ、床屋じゃねーだろ。
美容院で髪を切るなんてオンナオトコのすることだ!
(2007/10/23 15:17) URL | バ[ 編集]


え?ゆさんはオンナオトコだったの?

(舌なめずり)
(2007/10/23 18:17) URL | 迷惑[ 編集]


バさん>

理容師も美容師も床屋でいいんだよ!
ポテチもチョコもお菓子だよ!

迷惑さん>

その舌引っこ抜いてくれる!
(2007/10/23 23:54) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。