Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 Everything Bleed

 原付様の調子が悪い。ある程度走っていたら、エンジンの回転数が落ちて、時期に止まる。心臓部が緩やかに停止していくのを感じながら「寿命かなぁ」と思う。私が乗り始めて10年だけど、私は中古で買った。何十年走っている原付か見当もつかぬ。

 いかに付喪神のようであれ、不滅ではなかろう。

 モノでも人でもいつかその役割を終えるのだけど、深まる秋の気配も相俟って、とても悲しい気持ちになる。みんなが私を置いて行く。世界の熱量が欠けて空疎になっていく。おお、炸裂よ。

 そう言えば、現在のプロジェクトでわりと年季の入った技術者の方が離脱することになった。先輩から「彼はいい人だから困ったら頼れ」と言われていたのだが。理由は重度の鬱病と記憶障害とのこと。

課長「俺も医者じゃないからさぁ。人並みに仕事振っちゃってたよ……」
ゆ 「そんなの、解らなくて当然じゃないですか」
課長「彼を取り巻く状況がいちいち酷い。クビになったらしいよ」

 氏の属するパートナー会社って羽振りがいいと思っていたのだが。その社長さんとはプロジェクトで何回かお世話になっていて、タフで朗らかな方だと思っていたので、そのような薄暗い<暴力>が陰で行われていたことに、口の中が苦くなる。

 国家の作る闇が私の近くにも存在するって、リアルに想像したことが無かった。何か思い出す時があるかも知れないので、備忘として記す。とにもかくにも氏がまず充分に休んで、回復出来ますように。

 ヘヴィな話になったが。今のところ私は生きているわけで。原付様をバイク屋さんに診てもらうことにする。その診断に全てを委ね、結果が<決定的>なものであっても、取り乱さずに事務処理を終えるのだ。それが成熟した大人ってものだ。

「え、治りました」

 タフ過ぎるぜ付喪神! バッテリーがダメになっていた上にエンジンオイルを監視する機構が壊れていたため、エンジンオイルが空になっていたのが検出出来なかった模様。もうちょっと無理して動かしていたら、エンジンが焼きついて急停止し、私もろとも創造主に逢いに行くって事態になっていたそうだ。

 我々は、今のところ無事で、もう少し大丈夫そう。





2009⁄11⁄11 00:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



創造主って何ですかッ(≧ω≦)
(2009/11/11 22:35) URL | うさちゃん♪[ 編集]


うさちゃん♪さん>

そういう慣用句があるらしいよ!
(2009/11/12 23:27) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。