Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 ゆさんよぉ。Satoriの境地に達したのはまことに結構だが、あんたがわざわざ棺のような列車に乗って何とかって大学の座り心地を悪くして客の回転率を上げようとでもしているかの如き椅子に4時間も5時間も座ってたのは過酷な環境を身を置くことで興奮する目的じゃないんだろう?

 そうでした!

 そもそもお話にならない状態で試験に臨み、当然しょうもない点数を苦笑いしながら受け取ったのが受験一回目。

 「この試験は実力試験で、実力を測るものだ。したがって事前に勉強してはならない」という友人の与太に付き合い続けた結果、実力がないと判定され続けることとなった高校時代を思い出す。実に甘やかな感覚だ。

 そして、またしてもお話にならない状態で試験に臨み、午前問題になかなかの手応えを感じてはいたものの午後問題を「肩が凝ったから」というやむを得ない理由で適当にマークした結果、採点してみたら午前問題で目を疑うような高得点をマークしてて、「真面目に受ければよかった!」ともんどりうった受験二回目。

 もう流石に受かりたい。

 今回は上記のような反省点を踏まえ、「ちゃんと問題文を読む」「選択問題に関して、わざわざ後学のために、と苦手分野を選ばない」「悪文にイライラしない」「簡単な問題に『低レベルだなぁ』とイライラしない」「穢き世にいかでか久しくおはせんという気分にならない」等、対応策を練って臨んだ。

 ……普通の人が普通に出来ることが、困難な人間だって、存在するのだ。

 その結果。「ちゃんと解くつもりで臨んだら、そこそこ時間を取られるのだな」と、基本的なところが理解できたので、とてもよかったです。午後問題に関しては、何だか採点者の匙加減が絡んでくるらしく、不安なのだけど、素直に採点したら、午前午後ともに7割強(ボーダーラインは6割)とれておりましたため、周囲の人に浮かれ気味のメールを送信するの儀。

 どうして……、どうして採点者の匙加減でどうにでもなるような状況で「受かったかも!?」という喜びの声を周囲に流してしまったのか、と、私、自らの危機管理能力とやらに我ながら甚大な欠損を自覚し、布団を被って叫ぶ日々が続いておりますが、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?





2009⁄11⁄07 00:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。