Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 私は飲み会とかの後、1時間ぐらい散歩しながら帰るのが好きだ。酔いを冷ましたり、話したことを反芻したりする。勿論、私クラスの札付きになれば、身振りを交えて歌うなんてこと、わけないことだわ!

 で、先述の壮行会の時、隣の席にもっさり愛らしい娘さんが1人でいらっしゃっていたことを思い出す。

 店員さん(男前)を捕まえて、詳しく料理の内容を聞くなどしていたところを見ると、ひょっとしたらその店員さんをターゲットにしていたのかも知れんと思った。勝手に仲間扱いするが! 勇敢な友軍にマーズの祝福を!

 リンガとか鬼とかの話しててごめんね。

 ともあれ。私ときたら、何かを終わらせることが凄く苦手。とても楽しい時間を過ごしたんだけど、全員が最終的に「あー……仕事行きたくねぇ……」と嘆息する。本当に――この人達と仕事出来たら、どれだけ幸せだろうね。多分全員遠からず餓死だね

 恐らく、今後生きていく際、もっと面白かったり、もっとドキドキするようなことがあるにせよ、このような時間はもうあまり残されていないんだろうな、と思う。

 あ、そう言えば仕事の話してて思い出したこと。

 東京に出張してたときの、地獄 from hellなプロジェクトのこと。その時のプロジェクト・マネージャーを、私はただの陽気で不潔なオイサンだと思ってたのだけど、実際のところは。

 お客さんからの罵詈雑言を1人で受け止めて下には一切下ろさず、プロジェクトがこけたら25億ドブに捨てたというプレッシャー下で、ずっと我々をチア・アップしていたらしい。とてもじゃないが、人間の業とは思えん。

 龍になる必要があったから、その人は龍になったのでしょう。





2009⁄10⁄29 00:30 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。