Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 she once was the true love of mine

 Scarborough Fairって曲あるじゃないですか。

are you going to scarborough fair?
parsley, sage, rosemary and thyme
remember me to one who lives there
she once was the true love of mine

スカボロ市へおいでですか?
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
其処に住む人によろしく伝えてください
彼女はかつて、私の最愛の人だったのです

tell her to make me a cambric shirt
pasley, sage, rosemary and thyme
without no seams nor needlework
then she'll be a true love of mine

彼女に麻のシャツを作ってくれるよう伝えて下さい
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
接ぎも縫い目もなく作れたら
その人は私の最愛の人でしょう

tell her to find me an acre of land
pasley, sage, rosemary and thyme
between the salt water and the sea strand
then she'll be a true love of mine

彼女に土地を1エーカー見つけてくれるよう伝えて下さい
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
それが海と岸の間だったなら、
その人は私の最愛の人でしょう

tell her to reap it in a sickle of leather
pasley, sage, rosemary and thyme
and to gather it all in a bunch of heather
then she'll be a true love of mine

彼女に革の鎌でそこを収穫するよう伝えて下さい
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
それをヒースの束に集めることが出来たなら、
その人は私の最愛の人でしょう

are you going to scarborough fair?
parsley, sage, rosemary and thyme
remember me to one who lives there
she once was the true love of mine

スカボロ市へおいでですか?
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
其処に住む人によろしく伝えてください
彼女はかつて、私の最愛の人だったのです

 何かこう、主人公が恋い慕うのは神様のようなものなのかしらんと思った。

 接ぎも縫い目もないシャツを作ることが出来る者、海と岸の間に1エーカー土地を見つけることが出来る者。そして――かつて在り、既に失われた者。唐突に出てくる3節目の"tell her to reap it in a sickle of leather"の"it"は不思議だ。あちらさんでは死神をReaper(収穫人)と呼ぶ。人の魂を刈り取るってワケね。

 では、この"it"は。

 ……とかとか、「恋愛は<つねにすでに>の関係である(つねにすでにの関係ー!)」とか「大文字の他者(大文字の他者ー!)」とか、そういう匂いに釣られてフラフラ妄想の小道に入り込んでいたのだが、実はこれ、マザーグースの相聞歌が元ネタだそうで。

 男が「接ぎも縫い目もない麻のシャツ作ってくれたら嫁にしてやる」と抜かし、一方女が「1エーカー土地を海と岸の間に見つけてくれたら婿にしてやる」返す……と、無理難題を押し付けあう詩なのでした。これって要求の形をした拒絶なんと違うの? どうして男までかぐや姫気取りなの?

 でも、素敵な曲だよね。





2009⁄02⁄09 23:45 カテゴリー:音楽の話 comment(2) trackback(0)











コメント



サイモン&ガーファンクルでは
ttp://www.lovecms.com/music-simon-garfunkel/music-scarborough-fair-canticle.html
のカッコ内の歌詞が同時に歌われていて、
戦地にある兵士×故郷の恋人
というストーリーが成り立つようです。

ゆさんも早く俺に麻のシャツを作ってください
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
(2009/02/10 10:01) URL | ゃまs[ 編集]


blazing in scarlet battalions!
Generals order their soldiers to kill!

メタルっぽい語彙が並んでるなとは思ってたんだけど、
掘り下げてみると共鳴してて大変いいね。

そんなことより海と崖の間で収穫してよ。
パセリ、セージ、ローズマリーにタイム
(2009/02/11 01:43) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。