Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 音楽だけが悪に拮抗する


powertrippin


THE ALMIGHTY / Powertrippin'

 "Jesus loves you...but I don't"をどうしても聴きたい/聴かねばならない/らめぇ!"Jesus loves you...but I don't"出ちゃうぅ!/お前の"Jesus loves you...but I don't"を悪魔に捧げよ……そんな気分に襲われたので中古盤屋さんを巡りに巡ってTHE ALMIGHTYの『Powertrippin'』アルバムをサルヴェージしてみて驚いた。一体なんなんだよ、この変態バンドは。

 最近のANTHRAXのような(PANTERAのような、ではない)重くて硬くて丸い物体がボンボン跳ねているようなリズム隊の上、澱んだグランジ風のリフとTHE HELLACOPTERSあたりに通じる憂いを含んだrock'n'rollが悪魔合体、80年代の空気を胸いっぱい吸い込んだ世代に特有の、どんなに攻撃的な怒号や強烈なリフであっても決して歌心を忘れないという志の高さが全体を包括する。

 ヘッドダウンで澱んだ曲を重く鋭くスラッシィに「俺ら、オーバーグラウンドですが、何か?」面で演奏するなどと、それは……それはこの世ならぬ存在ではないか!

 MOTORHEAD直系の爆走チューン"Powertrippin'"がかっこいいのは当たり前で、"Over The Edge"、"Sick and Wired"や"Takin' Hold"あたりのギャンギャン五月蝿い中にしっとり憂いが漂う曲も大変に麗しく、荒馬をギリギリ手綱で押さえつけているかの勢いフルなミドルテンポの"Possession"なんて実によろしゅおすなぁ。

 "Jesus loves you...but I don't"は悲哀と抑えた怒りが滲むマーチ調のアコースティックバラードがガンガン盛り上がっていくステキな曲で、今聴いてもやっぱりかっこよかった。実際聴いてみて「この程度だったっけ?」ってなるように、記憶の中で美化されてるんじゃないかって危惧していたのだが。ベースがリード楽器然と歌う珍妙な曲だな、という新しい発見。

 Ricky Warwickの声はかっこいいねぇ。





2007⁄10⁄18 00:12 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。