Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 引用024 『Rubyで作る奇妙なプログラミング言語』


 その他の難読系言語といえばMalbolgeが有名だ「Malbolge」はダンテの「神曲」に登場する地獄の名前で、その名の通り悪魔のような読みづらさを誇る。

Malbolgeで書かれたHello Worldは以下のようになる。

(=<`:9876Z4321UT.-Q+*)M'&%$H"!~}|Bzy?=|{z]KwZY44Eq0/{mlk**
hKs_dG5[m_BA{?-Y;;Vb'rR5431M}/.zHGwEDCBA@98\6543W10/.R,+O<

もはやバイナリデータのダンプにしか見えないが、読みづらさだけではなく、「数値は3進数を使う」「命令はメモリ上の値にアドレス値を足して94で割った余りから決まる」など、プログラムをいかに書きづらくするかにも重点が置かれた言語仕様となっている。

よほど暇か、自分の能力に自信があればMalbolgeプログラミングにチャレンジするのもいいが、おすすめはしない。仕様が発表されてからHello Worldプログラムが書かれるまでに2年かかったこと、しかもそれが手書きではなくプログラムによって生成されたというエピソードを聞けば、Malbolgeプログラミングの困難さが伝わるだろう。

  原悠著/『Rubyで作る奇妙なプログラミング言語』p.222






2009⁄02⁄10 23:45 カテゴリー:引用、もしくは考えるべきこと comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。