Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 Return of the flesh(and bone)

 実家に帰らせていただきます! 何故なら母が心臓の手術するから! グループ長曰く「人事だから気にしてなかったけど、ビビるよなー。俺、嫁さんが帝王切開しただけで超不安だったもん」とのこと。Yes, boss.

 そのグループ長、お嫁さんを勇気付けようと手術中ずっと手を握っていらっしゃったらしいのだが、ふとした拍子に切開中の下半身を覆っていた衝立が外れ、内臓大爆発の現場を目の当たりにしてしまい、心に深い傷を負われたそうな。

 病室に入って早々、ベッドの母に顔色が死人のようであることを咎められる。

「大動脈にドン!と針を刺すので……」
「左心房をドン!と切るんですね……」

 ……術式説明をして下さるお医者様がbrutal過ぎて。その"ドン!"にいちいち震え上がる我々も我々だが、お前はもうちょっと、その、表現をkawaiiにせよ。"キュン☆"とか"破ッ!"とかでもいいじゃないか。とかなんとか言いながら成功率は99%とのこと。

 最近の医療はスゲーなー。言っても心臓だぜ? ちょっと手持ち無沙汰だからって、思春期のお子様がつい弄くっちゃうとか、そういう器官とは違うんだぜ? 肋骨をウィーンって切るのに成功率99%だぜ?





2008⁄11⁄08 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。