Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 東京にいる期間もそろそろ終了であるので、聖地神保町に行ってきた。これまで「行ったが最後戻ってこれない」と思っていたのだけど、もう、戻らなくていいや。さ迷いにさ迷いつつ、なんとか到着。駅を降りた瞬間からニヤニヤが止まらない。厭というほど本がある街……ボルヘス……バベル……。

 植物図鑑に特化した古本屋とか、ロック雑誌を蒐集している古本屋とか、ピンク映画のポスターに異常な執着を持っているらしき店とか、日本人放っておくと際限なく先鋭化していくからいかんなぁとまたニヤニヤが止まらなくなる。

 さてもさて。私は大塚寅彦の歌集を求めてこのソドムに足を踏み入れたのだが、もうどこを探せばいいのか解らない。思想/哲学系に特化してるっぽい古本屋さんには塚本邦雄の歌集と埴谷裕雄の本が、共産主義とかそこらへんのトロツキーだかルカーチだかと緩く連続体を形成していて、そこの干物みたいな店主を近親憎悪するに至る

 何故か神保町でSAXONのTシャツを鎧った男とすれ違い、多いにうろたえる。馬鹿な……本の街でメタルTシャツという蛮勇には100歩譲るとして、ポストモダンも終わりなんという昨今、SAXONだと……。そこにはDisk Unionが! 引き寄せられるように入り、ずっと探していたTHUNDERHEADの2ndと3rdを買い込む。

 帰り際、秋葉原の駅にてメイド姿の何かに呼び止めかけられる。「どーもー! どうで……す、か……」その語尾は春に降る雪のように消えていったといいます。私のキモさと来たら、もう……モウ! フヒヒヒヒヒ!!

 帰って90年代metal祭をしめやかに開催す。metalが失ってはならなかった文化としてヘヴィバラード/パワーバラードと呼ばれるものがあったと再認する。ピアノなりアコギなりで始まって途中でズーンって重いリズム隊が乗り入れてきたり、挙句の果てにテンポアップしたりするあれね。"Jesus loves you...but I don't"最高! "One"最高! "Follow me"最高!

 パワーバラードを演らなくなって、僕達は人間以外の何者かになったんだ。





2008⁄09⁄30 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



正統派のアルバムのバラードはいいと思うけど、メロスピのアルバム買ってバラードが3曲ぐらい入ってたらなんか騙された気分になるの。
(2008/10/08 20:08) URL | イ中[ 編集]


あいつら、常時メロメロメロメロしてるからね。
TESTAMENTの"legacy"ってバラードは最高だ!
(2008/10/29 22:43) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。