Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 残業32時間というありえない経験をした。Yamanoteと書いてあるのを見て、YamaのNote、つまりは閻魔帳を思い出します。

 もう俺は『ダークナイト』見る! Shibuyaシネパレスだかでいい具合に上映してるっぽいので、Shibuyaに行ってみた。ホットパンツにタンクトップ姿のおじさんとかいて、あれってもう合法的なストリーキングだよなって思ったけれど、誰も不幸にしてないからいいのかな、いいのかな。

 駅前の広場で老婆が腰回しダイエットをしてて、それを老若男女が写メで写すという黙示録的な光景まで目の当たりにした。

 さてもさて、全然そのシネパレスなるものが見つからないので、スターバックスなりドトールなりで店員さんに道聞きながら放浪す。そのたびにコーヒーを買い込む。ようやく辿り着き、安心してご飯食べ、ようよう開演時間だとワクワクしながら向かったら満席って何だよ!

 品川に移動し、念願の『ダークナイト』にようやくありつく。なんという恐ろしい映画! DISCHARGEやNEUROSISのようなプレッシャーで見終わる頃にはヘロヘロ。殺人者ジョーカーと来たら、本当に粛々とテロルを敢行しており、どこまで行ってもジョーカーの手の内のようで、おっかないったらありゃしない。

 切ない三角関係と評されているのを見て、それはそうだけど、と思った。ヒロインを取り合うんじゃなくて、ハービーをバットマンとジョーカーが取り合うのね。で、ジョーカーときたらバットマン大好きだから、ハービーを当て付けみたいに堕落させるのね。

 ジョーカーの言う"you complete me"という言葉が本当に切実に思える。

 ジョーカー禍にあって、民衆はなんとか最後の一線を越えずに済むのだけど、それが勇気ある決断や人間性の発露からではなく、ただただ臆病だったから最悪の事態にならなかったというだけのことで、それも苦い苦い話さね。

 あんまり怖かったから、楽しい気持ちになりたくて『デトロイド・メタル・シティ』見に行き、あんまりのスカムっぷりにガックリ落ち込む。女社長の堂に入ったズベっぷりは素晴らしかったが。あ、あと、ANTHRAXの『狂気のスラッシュ感染』のTシャツを着て『デトロイド・メタル・シティ』見に来てたお前。

 お前はその時、世界一かっこよかったって、俺は知ってる。





2008⁄09⁄29 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。