Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 Why So Serious? 『崖の上のポニョ』


 ブリュンヒルデ鉄砲魚説。

 夏休みの最終日、みんなが働いているまさにその時に、『崖の上のポニョ』見てやった。みんなが働いているときに映画見てると思うと罪の意識で甘く身体が疼きます。おさかなー!

 ああ……なんて――甘美な――

 何故か死のメタファーが散々に散りばめられていると聞き「すわトラウマ目的の暗黒童話か」と思ったのだが、神話だった。びっくりした。ポニョの本名はブリュンヒルデでした。

 なんだか呪的な攻防があちこちにあった気がする。ブリュンヒルデが主人公を連れ去ろうと波を率いて迫ってくるのに対しお母さんが「しつこい波ね……!」と毒つきながら車を疾駆させるシーンや、船上のご婦人の抱く赤ちゃんに贈与を施そうとするもことごとくご婦人に介入されるなど。

 ブリュンヒルデに警戒心を持って接する(「人面魚じゃないか!」)者が<母>であったり、怖い<母>に対しておずおずと船の折り紙を差し出したり。海に対して船って<ファルス>ですし、こう、自然とか死とかを含め、<母>との仲直りの物語のようにも思えました。

 リサとポニョママが何か話してて、その外野で「リサさん、お辛いでしょうに……」ってセリフがあったんだが、ありゃなんだ。リサがポニョママを労わるように手を差し伸べ「ありがとう……」って言ったのだけど、ありゃなんだ。

 ブリュンヒルデ沢山いる説。





2008⁄09⁄28 23:45 カテゴリー:感想と雑感 comment(2) trackback(0)











コメント



ポニョパパがイクラにぶっかけるシーンは?
(2008/09/29 08:35) URL | うさちゃん[ 編集]


ポニョパパは所ジョージだよ。
(2008/10/02 09:59) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。