Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 quaeratur via qua nec sepultis mixtus et vivis tamen exemptus erres

 友人と昔、「矢吹駆シリーズは後半、舞台が日本になって、矢吹駆とナディア・モガールがオタクと化し、日本製のポストモダニスト勢とアニメを巡って死闘を繰り広げるよ。東浩紀が矢吹駆にもっこもこにされるよ」なんてジョークを言っていたのだけど、うん、それ、冗談じゃないっぽい。

 だれかー!

 酷い体調で出社してみれば、「ゆさん、顔が黒い!」と協力会社の人にいきなりブレーキ引かれる。昔農学部で神経関係を勉強していたというそのお姉さんの言うことには、私はお薬の飲み方を間違えているらしい。クリニックのあいつ、そんなこと言わなかった! 危ねぇ!

 「もうあの蝶は見たくない……」と喫煙所で協力会社のお兄さんが苦悶しておられて、何中毒者の謂いかと思ったら、数十にものぼるデータベースの関係を示す線が、まるで羽を広げた蝶に見えるのだそうだ。それは先任者が精神のバランスを崩しながら編んだものであると聞くに及び、なんだかとってもデカダンな香りが致しますわ。

 一方。先輩Aは今日も元気に表情パターンが亡羊としているか般若の形相かという状態であります。そんな先輩Aがアレしている状態を<ファンタスマゴる>と形容すると少しはいいかも知れないって思った。四辻にヘカテを視たり、あるいは少年の膝の絆創膏に永遠を視たり、あるいは妊婦が入院棟の窓の外の深緑に青年を視たり、そのような。





2008⁄08⁄04 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



瀕死の王はメフィスト連載時に読んでましたけど、唐突にストーリー上なんの脈略もなく、蓮實批判が出てきたときはどうしようかと思いました。
(2008/08/06 00:56) URL | QED[ 編集]


その突然始まるソレが読みたいのに、
現在伏線が張り巡らされていってるぜ……。
(2008/08/08 00:20) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。