Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 さてもさて。来し方行く末に関して。ええ、気付いたら誕生日過ぎてましてん。

 いやもう週末の終電と来たら大変なものでこのまま列車ごと人間廃棄場にドーンって捨てられても全然不思議じゃないぐらいの酷い混み具合。押し寿司とか、多分こんな感じなんだよ。そうに決まってるよ見たもん!

 だいたい、目の前に列車が到着した時点で車窓に押し付けられて苦悶の表情を浮かべる人々を見て「あ、無理」って思ったのに、そこに無理矢理先輩Aが押し入るワケだ。で、独り取り残されたらちょっと大変だから、私も銀河英雄伝説風に言えば「錐を揉み込むように」押し入るじゃない?

 それで大概絶望的な気分になれるってのに、そこにさらに人が入ってくるワケさ。駅に着くごとに。バカジャナイノバカジャナイノ。みなさま夜を満喫なさったご様子で、周囲から吹きかけられる息が酒臭い。避けようにも身動き出来ないとかそういうレベルじゃない。足が床に着かぬ。

 ……人間って柔らかいんだなぁって感慨に耽っていたら車掌さんだか駅員さんだかの「押さないで下さい云々……お命です」などというちょっと聞き逃せないアナウンスが。職場から帰るだけで死とか、お前。

 そして着いた見知らぬ駅を出てみれば、警官が水撒いて血を洗い流してるし、馬鹿みたいに大きい車のボンネットには暴力臭漂うデブが寝てるし、いい加減荒んだ生活に身も心も軋みを上げ始めてる風のおじさんおばさんが客引きしてるし……そんな誕生日。

 今年も無事誕生日を迎えられたわけだが、そうだねぇ、小動物みたい怯えていたほど酷い人生ではないし、今後死ぬまでコンビニの袋を被って生活せねばならないほど恥ずかしいこともあんまりないので、来し方の私はそんなに心配するな。

 行く末の私に関しては、何をしているのかさっぱり想像できないけれど、どうにか上手くやってるんじゃないかなって思う。ただ、自分の場所を確保出来ればそこそこ幸せなのは大変結構だが、理解出来ないのを通り越して最早不気味としか言いようがないような性癖とかは勘弁な。

 ともあれ、君が世界と和して生きていけるよう、祈っている。





2008⁄06⁄02 23:29 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



満員電車に乗ってる連中の6割くらいは、たぶん好きで乗ってるんだろうな。

女性専用車両は、皆か弱いので(爆笑)、加速時・減速時に、すぐ雪崩れが起きて、けっこう危険らしいよ。
(2008/06/03 00:43) URL | てんのぅ[ 編集]


京極夏彦に詰まってないと厭な人とかいたな。
ほぅ。生きてゐる。
(2008/06/05 00:31) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。