Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 東京の飛行場について始めにしなければならないことは腹ごしらえです。朝は変なゼリーで昼はコーヒーと変なアイスでって、苦行僧めいた食事を片手間に取るぐらいしか時間がなかったから、お腹ペコペコなのさ。早速空港でラーメンを食べる。

 ……なんだよ、美味しいじゃないか。

 先輩が迎えに来てくれたのだが、ボストンバッグを持ってもらったのは正直遣り過ぎたと思った。先輩、普通に生活しててあんまり見ない感じの顔色になってた。「いや、ここまで頑張って運んで来たんだし、ここからは……」とあまりに善性の先輩。うん……ボストンバッグが重いのも重心が変な位置にあるのも、私の都合なんだが……。

 不安になるぐらい普通にローカル線って感じの列車に揺られ、東京であてがわれた住処のある駅に着いてみると、だ。そこは胡乱な店(商売は普通のクリーニング屋とかだけど、ディスプレイがなんだか胡乱)ひしめく商店街が繁盛しているような、普通の田舎だった。

 昭和って感じだな。うん。昭和って感じだ。

 荷をとく暇もあらばこそ。早速呑み会を開催していただいてまぁ。近くのお洒落っぽい居酒屋に連れて行かれたのだけど、料理もお酒もそんなに福岡と変わらない値段と味だし、なんか騙されたんじゃないかって気分になってくる……ああ、それぞれ量がちょっとずつ少ないんだ! 二重に騙された感!

 散々呑んだり食べたりして、流石に疲労も限界に達していたのだけど、汗だくだったし、明日は生まれて初めての客先での作業だし。泣く泣くお風呂に入る。お風呂大好き! 荷物を提げていた肩が赤紫色になっていて、ちょっと辛いなって思った。





2008⁄05⁄28 22:35 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。