Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 これはちょっと前のお話。

 検査手術があるってことは当然ガチ手術もあるってことで、私としましては大変ビビっております。私とそう変わらないぐらいのお歳の先生を捕まえて色々聞いてみたら「可能な限りリスクを減らして施術しますが、どうしても100%安全とは言い切れない部分は残る。そこはもう、本当に、神しか分からない」とのこと。

 まぁ、なぁ。人生の最先端的なところで過ごしてると、神的な何かが日常の言葉に紛れ込んでくるようにもなるさね。ちなみにMAYHEMのHellhammer氏はガールフレンドの母親が勤める病院でガードマンをしているらしいのに、神的もクソもなく、"chainsaw gutfuck"なんて人でなしもいいとこな曲演奏してたりするがな。

 あんなのがうろうろする病院とか。

 「起こりうること全てを説明しないといけないので、どうしてもご家族や患者さんを不安がらせてしまうってところはあるんですよね。ただ、そんなに成功率が低い技術は医療技術とは呼べません」君、今キメ顔しただろう?

 あとお前、内科医な。

 そんなこんなで後顧の憂いなく東京に発てるってものだが、弟Bが逡巡の毒霧の中でもがいておられるようなのでベランダでタバコを吸いながらじっくりお話。3時間ほど。私が何故哲学科に足を踏み入れたりしたのかを本邦初公開です! 最終的に「全てを賭してライトノベルを書いてみたいなー」という結論に至った。弟Bを置いてけぼりで。

 しかし全てを賭してライトノベルを書くような余暇があるってことは、そりゃあ人生におけるかなり大規模な危機じゃなかろうか、と、哲学科の話のあたりから妙に目をキラキラさせ始めた弟Bの人生を慮ってあるていどきゃっかんてきなこともいってみた。

 なんて言うか、お兄ちゃんの周りってロマン派ばっかりだから……。





2008⁄05⁄24 23:29 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



弟Bを、僕にくださいっ!!
(2008/05/25 22:24) URL | てんのぅ[ 編集]


その辺のお話は、若いお二方で……。
(2008/05/25 23:08) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。