Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 これはちょっと前のお話。

 母の体調を気遣いながら買出しのためエレベータに乗ったら車椅子の一団に取り囲まれる。「あんたホントにわっか頃の○○(名前を失念したが、芸能人)によー似とぉ。んにゃ、××(名前を失念したが、この人も芸能人)をもっとくたびれさせたようなワハハハハハハ!」怪我人は静かにしてろ!

 ちなみに上述の車椅子の男は「貴方は本当に若い頃の○○によく似ている。否、××をもっとくたびれさせたようなワハハハハハ!」ぐらいの意味である。母が車椅子に乗せられ、手術室に運ばれる姿を見て「じゃあ、頑張って。なんか今の姿、レクター博士みたいだぜ」ぐらいの言葉しかかけれなかった私が言うのもなんだが、もうちょっと何て言うか、さ。

 最高に長い1時間を過ぎた頃、母、車椅子に乗せられて我々の前に登場! ……おい、検査手術とは言え、心臓をアレしてきたってのに、どうしてそんなに血色がいいんだよ。最後に交わした言葉が「レクター博士っぽい」とかにならなくて本当によかったのだが。

 もう、点滴触らない! 目を離しているうちに隣の婆ちゃんの世話を始めている母。じっとしとけ。次の手術についてスケジュールを聞いたところ「だいたい2~3週間ってところですかねぇ」と先生。「ええー」母、不満げ。そりゃそうだろ。不死で鳴らした吸血鬼とかの息の根を止めるために杭を打ち込むような部位の手術だぞ。

 さてもさて。ほっと一息つけたところで、我々子ども達はお寿司をですね、ええ、食べようか、と。3日分の食費として7千円を用意していたハズが、スタートダッシュで5千円消え、弟Aと弟Bがわりと本気の喧嘩を始める中、2人の隙を見てお兄ちゃんは沢山サーモンを食べましたよ。

 沢山食べましたよ。





2008⁄05⁄23 23:28 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



3人いると社会が生まれる、というのは本当だな。
(2008/05/24 01:33) URL | てんのぅ[ 編集]


2人であれば愛で足る。
3人ならば正義が要請される。
まさに至言也。
(2008/05/24 07:14) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。