Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 やぁ、最近イヴェントがみっちりで疲れたなぁ……みたいなトーンでぼんより出社。大変粘り強いバグ――天狗の仕業系をようやく撃破し終えたかと思えば、まさか夜の12時に仕事が降って来るような火事場だったとは。

 行きがかり上、飲みに行こうってことになって、先輩行き着けのお店に連れて行ってもらう。店に着いたのは午前2時だぜ。もう次の日を諦める時間帯だぜ。

 そこがまぁ、軽く笑いが湧くレベルに美味しい店だった。とにかく料理がこう、ザックリ作ってある風だけど手が込んでる感じの……説明し辛いな。あと、ペルノーのソーダ割りもあったし。旨い肴と旨いお酒を前に、ダラダラと仕事の話なんかしつつ、大変心愉しい一時を過ごし、奢られたりする。

 あー、この年下の人に奢られることに抵抗がないあたりとかが、一人っ子疑惑が囁かれる原因なんじゃないか。私、学部にせよサークルにせよあっちこっちに途中から入ったりしてたから、その人が何が出来るかが相手を見る基準になっちゃってて、地位とか年齢とかあんまり勘定に入れる習慣がないんだよな。

 結果、既得権益にしがみ付きたいタイプの人とかに大層煙たがられるのだが、まぁ、飲み代は浮くし、割と味方してくれる人とか多いです。いいことか悪いことか、いまいち解らんが。

 東京のプロジェクトに関して、一緒に入ってくれる人の話をしたら「ああ、そりゃ大丈夫だ。なんたって彼はO氏の面倒が見れる人なんだよ」とのこと。O氏とは寮のお風呂を使うことを禁じられた人で、それは何故かって「いや、性病とか普通にかかりますよ」とかのたまう人だから。

 ……東京って199X年に魔震(デビル・クェイク)が起こってせんべい屋を兼業する辣腕の人探し屋(黒衣のワイヤー使い)がいたり、白いケープの魔界医師がいたり、日常的に性病を患うSEがいたりするところらしい。





2008⁄05⁄07 01:48 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(3) trackback(0)











コメント



「魔震 人探し屋」でグーグル検索すると、このブログが五番目に表示されるよ。
(2008/05/07 12:31) URL | イタバシ[ 編集]


「奢られる」を「屠られる」と読んでしまった
(2008/05/07 19:54) URL | てんのぅ[ 編集]


イタバシさん>

やったー! 検索する機会がそもそも少ないよ!

てんのぅさん>

似たようなもんだぜ!
(2008/05/07 23:33) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。