Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 ある日、「どうしてこうも毎日渋滞出来るのか、それが不思議だ」などと愚痴の一つもこぼしたくなるような私の通勤経路が、元旦のようにガラガラに空いていた。ジリジリと肌を焼く炎天下、どれだけ走っても他の車に行き当たらない。まるで誰か他人の夢の中にいるかのよう。

 ひょっとして、この風景は死んだことに気付かない私の幻覚、あるいは事故を起こして意識不明の私が昏々と眠りながら見ている夢ではないか、と俄然不安になってきたところで、相変わらずの場塞ぎな市営バスだの指示器を出すことに性的なフォビアでも感じているかのクソッタレタクシーにいきあたったので、万事世はこともなし。

 隣の島の人たちがうわ言のように「だって俺たち、馬鹿だから」って言ってた。





2007⁄10⁄02 00:17 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



>隣の島の人たち
本州? 沖縄? どっちだろう。
あるいは対馬……?
(2007/10/02 20:50) URL | イタバシ[ 編集]


アイルランドだよ、そこな紳士。
(2007/10/03 00:37) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。