Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 体調が超悪いから欲望の赴くままに肉を貪るfeast行ってきた!

 熱でポーッとしている状態で原付を駆っていると、MANOWARの"wheels of fire"の「俺のマシンはクロムの三重構造」というフレーズって世界で一番面白いフレーズなんじゃないかって思えて来て、そこに絹のような雨が、雨が。

 こんな細かい雨の中、高熱でフーフー言いながら、原付から(あと、気分的には自分からも)湯気を立てながら、何処かから何処かへ走っていたことが、前にもあった気がする。友人宅へだったかスタジオへだったかはよく覚えていない。どっちもあった気がする。

 雨の匂いと2ストのガソリンだかなんだかの匂いを、風邪で粘膜が爛れた鼻で嗅ぐ感じが、わりと嫌いではないというか、いや、嫌いなんだが、これはこれでなんだか心地好い思い出だか思い出の陰だかを運ぶよなーって、そんな感慨に浸りながら肉食いに行くんだけど、ホテル街を走り抜けるにあたりファックって思った。

 そして肉feastです。集まった全員がmetal野郎だというだけで笑えてくるし、肉を焼き初めてものの数分で阿呆みたいにテンションが上がる。ついでに雨で冷えた身体に何故か冷風が直撃する席の配置のためか、John Lennonが憑依していたためか、テンションが高い割りに自分や人の声が遠くから聞こえるという不思議感覚に冒される。

 うめー肉うめー。

 みんなで「ラヴェルの『夜のガスパール』がいかに素晴らしいか」、「性病患者のメンタルケアに素数論をどう適応するか」、そして「ル・ベベ(英訳:baby)、運命の糸は切れていても紡ぐものだよ」と、生活など下男に任せておけ的な会話に華を咲かせていたところ、ポロッと友人が「彼女出来た」だか何だか下卑たことを抜かしたため、彼を……。

 僕たちは――彼を。





2008⁄04⁄08 23:44 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(5) trackback(0)











コメント



「お前の彼女のモノマネしてやるよ」
と言ってポールダンスをしたら彼が激昂したときが最高に面白かったです。
(2008/04/09 00:54) URL | ゃまs[ 編集]


後半素晴らしいな
男の人の可愛らしさってこういうことなんだろか
笑っちゃうんだけど
(2008/04/09 05:30) URL | マー山[ 編集]


おいリンク先
(2008/04/09 18:46) URL | 迷惑[ 編集]


迷惑さんマジすか
(2008/04/09 19:47) URL | イタバシ[ 編集]


ゃまsさん>

あそこは「流石ゃまsさんの発想力は違うぜ!」
ってやんややんやする場面だったのにな。
あの子ったら。

マー山さん>

いい感じにおでんが煮崩れて……みたいな?

迷惑さん>

まったくだぜ、リンク先

イタバシさん>

まぁ、彼女は俺だけどね。
(2008/04/09 20:44) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。