Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 可能性。すべての恋は恋の死へ一直線に墜ちてゆくこと

 これは穂村弘の『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』という歌集に収録されている歌で、私はこの歌がとても好きなのです。春だってのに冷たい風に吹かれながら、上述の歌のようなことを深々と想う日々。

 そんなこんなを友人に相談したら、助言の名を借りた人格攻撃浴三昧が待っていたとは。

曰く「恋と営業に"待ち"はねぇ」
曰く「終わるも何もまだ始まってねーだろーが」
曰く「失うものも無いくせに」
曰く「お前の立ち居地って、無害なストーカーだよね」

 うるさいうるさい! 全員三十路前後のくせに! 日本人のくせに歯に衣着せないなんて! 一人は日本人離れした髭のくせに! ドキッ★ 三十路前後の男だらけの恋愛相談 over the しゃぶしゃぶ。「恋と営業に"待ち"はねぇ」との名言は思い出すだけで2分ぐらいニヤニヤ出来る。

 そして友人を策略にはめる形で執り行われるシークレット誕生日ritual。友人に内緒で恩義のある私達が終結し、祝うのだ。なんて言うか、私達、お金がなくても時間がなくても、私達が集まるだけで、もう楽しいよな。善い人達に恵まれて、私はとてもハッピィです。






2008⁄03⁄30 19:08 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。