Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 昨日までのあらすじ:30手前なのにうんことかの話で爆笑。

 かくして臨んだグループ発表。私に割り当てられた25分の枠が何の手違いか10分で終わってしまい、色々あった末に60分を予定していた発表が40分で終わるという大事故に、膝下が溶けちゃったみたいな感じ。質疑応答が50分て

 いや、変だなーとは思っていたんですよ。個人発表が20分なのに、カンペが5枚あって、グループ発表の私が担当している25分枠のカンペが何か3枚しかないんじゃ、間が持つわけないよねぇ。何故この状態でGOサイン出したんだよ、ちょっと前の自分。

 ここで本読みの顧問様から援護射撃! 構想段階で、氏を4人目のメンバーに巻き込む算段だったのさ! 「時間もなかっただろうに、こんなに内容の濃い資料を、こんな分量書けるっていうのは、日常的に深くこの問題について考えてないと書けないですよ。感心しました」終わっ

 気に入られ過ぎるという失敗とか計算に入れてねーよ! 確かに本当に好きな音楽聴いて、まず出てくる言葉って「最高!」とか「かっこいー!」とかだもんな……とあわあわしていたら、そこから10分ほどガチ援護射撃を頂く。助かります!

 でもあと40分時間があるよ!

 その後の集中砲火と来たら。今は理念の話してんだよ現実の話なんかしてねーよ空気読めよ……などと言えるはずもなく、一つ一つ丁寧に誠実に考えてお答えすることを重ねているうちに(危険な時は正攻法に立ち戻りたいタイプです)、レビュワーが何を聞きたいのか解ってきて、上手くギアが回り始める。これはちょっと不思議な体験だった。

 というか、ここに来てようやく目が覚めてきたってだけの気もするが。

 「自分の食い扶持を稼ぐだけじゃあ、コストの回収や人事部や総務部のお給料が出なくて、一人前だとは言えないって書いてるよね」とここで社長がメガネを置いた。「これは正しいんだけど、どうすれば自分の食い扶持以上を稼げるのかな?」あ、多分この質問はとても大切で、誠実に答えるだけじゃダメで、おそらく正しい答えを求められてる。ここが勝負所なんだ。

 幸い、そこら辺は考えていたことだったので、慎重に、でもちょっと自信を持ってお答えすることが出来た。「うん、そうだね」と社長が肯かれたところで、「あと5分ほど残っていますが、こんなところでいいですかね?」とタイムキーパーの課長代理。永遠のような45分だったけど、及第点をいただけたみたい。タフだったぜ……。

 で。もう一つのグループ発表が終わった際のグループ長の神速アシストと来たら。

 質疑応答の先陣を切り「う~ん、どっちのグループも個人発表を集めて、結論って感じで、本当にこっちが聞きたい濃い議論って最後の2,3ページなんですよね。でも個人的に、このグループ発表のプロジェクト自体の反省と改善点って切り口は、具体的だし、血が通ってる感じで私は好きですね」といきなり流れを掌握して、擁護派を形成してた。

 この悪党め。





2008⁄03⁄25 23:44 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。