Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 昨日までのあらすじ:出来上がってないよグループ発表。

 急遽アドバイザーをしてくれていた先輩を入れてグループ発表をせよということになったのだが、ブッチ紛いなんてややこしいことやらかす子の書いた原稿の質ときたら大変にややこしく、全員で頭をかかえる羽目に。

 私はグループ発表を、主に本を沢山読まれる顧問宛にデザインした。業務経験が少ないため、議題を理念的なレベルで精緻に掘り下げる振りをしていつの間にかレヴィナスの倫理の話にシフトする、という大変趣味的な構想である。ことほど然様に私は私でややこしい上に大変趣味的なことをやらしているため、難航するするぅ。

 そもそもこの状況でグループ発表ってのが間違ってないか、と頭の中でチラっと思うが、先輩一同そこら辺は置いといて目先の問題解決に取りかかる。いや、だってさ、例えばバスが遅ているとして、その状況で「責任者出せ!」とかクソの役にも立たないこと怒鳴り散らして大物面のオッサンってあんまりかっこいいもんじゃないしな。

 辞めた子の担当していたセクションに文脈を全く無視する形で漫然と『キャンプ、サヴァイヴァル経験』とか書いてあった時点でみんなの箍が外れた。サヴァイヴァル経験って何だ。『勤労意欲は何故必要か?』って、その問いの立て方はマズいだろうって、キャッキャしているうちに、何故か「射精感」という言葉が空前のブームに。

「ワークライフバランスについて掘り下げとかないと」
「射精感じゃない?」

「え~と、ここをリカバーするには、勤労意欲と自己研鑽を積むことを結べばいいね」
自己研鑽を積むごとに射精感が高まります
「病気だよ!」

 もうダメだ。俺ら30手前だし、うんことかそういう話で笑うような年代じゃないのに、こんな、こんな……。グループ長や課長代理に助けを求める。もう一組のグループなんて3人中1人しか残ってないんだぜ。「コミュニケーション能力の話を軸に、今回のグループ発表の作業の流れや反省点を書けばいいよ」とややアクロバティックに思えるソリューションをツルッと伝授される。






2008⁄03⁄24 23:41 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)











コメント



よく分からんが、グループ発表の「中身」よりも、その発表に至る状況そのものが、人生における研修じゃないのかね。
(2008/03/25 23:28) URL | てんのぅ[ 編集]


今てんのぅさんがいいこと言った!
(2008/03/26 19:51) URL | ゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。