Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 兎に角、ある程度基礎押さえとかなきゃ作業ヴォリュームの解らない仕事を振られた途端スケジュールが難破するワケで、主導権を握れなくて困ったことになっちゃう(スタジオにも入れねーよ!)から、今のうちに勉強しとこう。

 大学図書館で情報工学のそもそも論を知ろうとするあたりが私のtrueたる所以。ぶっ壊れているとも言う。だってほら、『10日で覚える何某』とかよりも『ゲーデル・エッシャー・バッハ』とかのようが読んでてかっこよさげじゃない?

 勿論読めなそうな本の山に臆してレヴィナスの『タルムード四講』なんぞ机の片隅で読んでたりするんだがな。この本、私のとても重要なところに決定打を与えた本で、手元に置いておきたいんだけど、絶版なんだよ。内田樹先生、こっちの新訳を優先させて欲しいなぁ。

 そこで台湾からの留学生さん(元モデル)とばったり再開。「日本が好きだから日本で研究職に付きたい。ポストもあるし。でも学校の先生になることが子供の頃からの夢だった……選択しなければならない時期が、来たようです」と多くの研究者志望の方が悶死しそうな悩みに引き裂かれていた彼女は、先生になる道を選んだようです。

 「台湾は学歴社会だから、責任重大です……」とheart-achingなご様子。いや、そこら辺は適当にhackすれば済むことじゃない? と言うか、悄然とする方向が台湾の社会的矛盾よりもむしろ日本から去り難いという方向に向かっている風なあたり、なんて言うか相変わらずで何より。

 私達の母国だし、嫌われるより好かれるほうがいいさ。

 で、勉強に音を上げて(デスマ明けだ。許せ)ぶらっとショッピングモールに行ったら、大学を出て医学部合格をキメた友人にばったり会う。大学10年選手決定だそうで、めでたい。今のところ、私は上手くやっているし、10年選手だって社会的にそう悪くはないです。






2008⁄03⁄15 00:28 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。