Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 音楽だけが悪に拮抗する


 昨年聴いた音楽の中で、強く印象に残ったいくつかをご紹介したい!

 昨年の私は散々に"Possibility of Life Destruction"であり、その生活を一言で表すならばまさに"Wreckage"であり、CDのコレクションは減る一方であり、そのため殆どアンテナをへし折っていたと言ってよく、あんまりちゃんと素敵な音楽を発掘できていなかったのだけど。

 ……そもそも音楽について喋りたい人のBlog恒例の「今年のベスト10」的なことをほとんど(全く?)して来なかったような気がする。お行儀悪い! そういうのは年末に静々と行い、「来年もステキな音楽と沢山巡り会えますように」と祈るが作法ぞ。それにだいたいお前、去年は古~いGothやあんまり好きじゃなかったバンドの音楽を再発見したりとか、そういうのばっかだったじゃいかよ。

DEATHSPELL OMEGA / Epiklesis II

 最近、DEATHSPELL OMEGAって語の構造は"Love Portion No.9"と同じだと気付いた。「最終的な××の魔法」的意味合いとして。そしてその気付きはDEATHSPELL OMEGAはおろか世界の何物にも利さぬでしょう! 滅びよ!

 今回のDEATHSPELL OMEGAはとても錯乱していて、とても美しく、緊張感に溢れ、いと勝れるものにより人間が世界が奈落へ突き落とされ圧殺される様をとても写実的に(ええ、写実的に)表していてステキ。ギターの音が実はオールド・スクールだって気付いたときは最高に嬉しかった。

OVERKILL / Bring Me The Night

 お前ら私が働いているときにOVERKILLのライヴ参戦しやがって! ちくしょう! 俺に夜をもたらし来せ! バカァ! この曲のリフはわりとあるタイプなんだけど、何だか特別。「変に凝らなくていいんだよ!」的な。お馬鹿さんがお馬鹿さんなりのやりかたで音楽の本質を鷲掴みにしたような。

 人によってはミュージシャンシップの停滞だって言うかも知れないけれど、私は年季入った渋い連中が傲然と自分の得意なことをしているのって好きでね。新しいものが常によいものとは限りませんでしょう? ああ――清々しい。

THE REIGN OF KINDO / Thrill of The Fall

 EL&P的な四度進行のオルガンが分数の土煙を巻き上げながら襲って来ますよ、とても優しく! 不用意に「EL&P的」なんて言葉を使うな、舌を抜かれて中央線のホームから突き落とされるぞ。リズムも曲のテクスチャも凄く複雑なんだけどとてもエモーショナルで、例の数学者が設計した薔薇の折り紙を連想する。

 Progressive RockのようなRADIO HEADのようなEmotional CoreのようなJazzのようなHard Rockのような。20世紀の音楽史を辿り直したら、なんか源泉めいた何かになってしまったような野蛮さをマイルドにお届け。高潔であり、演奏技術が卓越していることは素晴らしいことだ、うん。

P & G w/ G OST / Fallen Angel

 アニメソングだよ(そのシニフィアンは固定的なシニフィエを持たぬ)。原曲はR&B的な揺れるアレンジなんだけれど、こうやって装飾を剥いでみると、George Winstonのようなハートエイキングなメロディ。サビが終わるあたりに言葉がギュッと詰まる感じはトラッドのよう。夜更かししていて物語が終わり、庇護を失ったような寄る辺ない気持ちが幻肢痛のように! "When the rain, the storm, and all is gone/Caress me with your sweet lullaby"って詩がたまらなくいい。

 同作品の"D-City Rock"も雑~な感じで気持ちよかった。あれ聴きながら中野から散歩していて、座・高円寺が見えてくると、なんだか興奮してくる。ひゃっほう! D-Beats Cityだ! お前の悦びは貧しい。実に貧しい!

ANATHEMA / Everything

 年々穏やかに、ジェントルになっていく"呪い"の名を冠するバンドの新作は本当に沢山聴いた! そしてヴォーカルの水平方向への膨張っぷりに驚いた。なんて様だい! それでもわけても、この曲のハーモニィは思わず空を見上げてしまうほどに見事で。

 調和する。共鳴する。昇って行く。不思議な力だ。それは人間独りでは行えぬことで、昔、神学者や哲学者が命を賭けて護ろうとしたものは、それを可能ならしめるものではないかと愉しく想像する。一般的に<魂>と呼ばれる。悪魔に売り渡すのは熟考の末でもよいかも知れんね。

音楽だけが悪に拮抗する。
音楽だけが悪に拮抗する。


スポンサーサイト



2011⁄02⁄08 21:00 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


SE「ゆさぁ、テレビいる?」

 テレビはS/N比が低すぎると常々思っている。有益な情報を得るために9割以上のノイズを我慢せねばならぬなど、そいつはとんだ倒錯マゾ野郎だと思っている。Google Readerってサービスでほとんど事務的にいくつかのニュースサイトの記事を購読しているんだけど、そのノイズの多さにも辟易するっつーのにさ。

ゆ「あ、欲しいです」
SE「了解~。あ、ゆにテレビ上げようと思うんだけど」

 早速家のお嫁さんに電話して段取りを整えてくれるSEさん……いや、待ってくれ。何故お嫁さんが私を知っているんだよ。最近、DVDを見るにあたり、ヘリコプターのような凄い轟音を立てる私のPC。映画鑑賞専用機/ゲーム専用機がある生活ってのも、悪くないなぁ、と。ふふん。

 その他、暖かな申し出をいただき、感激の極みです。でも、どうぞあまり私にものを与えないで下さいましね。

 かくして、プロジェクト内部には何だかおかしな流れが。「それじゃあさ、ゆ君、ロデオボーイいる?」い、要りませんよ! 機械的に(機械だしね)グラインドする変なものから振り落とされぬよう必死に取り縋る、独りで、独りで! あまりにも悲しすぎます! だいたい、何でそんなもの持ってんだ30代男性。

 「それじゃあ、俺、ゆ君にスタッドレス・タイヤあげるね」ほら、もう車も持ってないのに、そんな。ちょっと尖ったアクセサリとしてもそれはあまりにも鈍重過ぎる。メタルっ子のユニフォームたるガンベルトとはちょっと訳が違うと思うし。個性はそのようにして誇示するものではないのだし。私はポケットに何も持たぬ/袖の下に何も忍ばせぬ/しかるに心に魔法を持つ。何より。

私の部屋は不燃物置き場じゃありませんのだ!
私の部屋は不燃物置き場じゃありませんのだ!





2011⁄02⁄06 21:03 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)







 引用040 『内的体験』


 黙示的啓示、人間に全一者たることを、理性にあらざるものたることを許すのだという事実、人々はこれを知らなかった。だが人々は全一者たる習慣に染まってしまった。神が答えるようにして答えよう、満足を与えようとする理性の空しい努力はそこに由来するのである。

 だが、今、骰子は投げられ、勝負は千回も敗北に終わり、人間は決定的に、――何ごとも口に出して言うことができないほどにもひとりぼっちだ。

  ジョルジュ・バタイユ著・出口裕弘訳/『内的体験』p.72





2011⁄02⁄04 21:02 カテゴリー:引用、もしくは考えるべきこと comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


 朝も寒い時間からお仕事に行くってのもよく解らないんだけど、さらにはそれを達成するにあたり、お布団の庇護をかなぐり捨て、よりによってスーツ姿になるために一度裸形にならざるを得ないこの生活ってヤツのデザインはつくづく狂っている。だいたい、スーツはピラピラ過ぎるんだよ!

 もっとホロー・ポイント弾も3発までなら平気ってぐらいの装甲にしてよ!

 思い返せば。あなたは<おっかなくて面倒見のいい兄ちゃん的なるもの>に小さい頃から飢えていましたね。それが何故かは解らないけれど。その実存は「大きな欲望に身を灼かれており、そのため自他に対して厳しく、しかるに庇護的」。そのような者がかつて身近に居た気もするし、欠如に苦しんで来た気も致します。

 ただ――このクソ地獄のようなプロジェクトも収束を迎えようとしている昨今(それがどのような形であれ)、<おっかなくて面倒見のいい兄ちゃん的なるもの>の任を背負うべきなのは実の私なのではないかという思いがある。影に追いつくような、歩みを進める自分の背を見るような、不思議な感覚がある。

 よく解らない。誰かがこんな現象を上手く論じていた気がする。ジャック・ラカン?

 最近とても寒いため、馬鹿馬鹿しい出力と硬さを持った音楽が身に沁みるため、OVERKILLのライヴなど、わたくし、嗜んでいましてよ。"In Union We Stand"――-ああ、素晴らしい。Heavy Metalは古来より、このように団結せよと命ずる名曲が数多くあるから幸せ。Youtubeのコメント欄にはこう記されている。

 「Overkill>Chuck Norris」と。OVERKILLはチャック・ノリスを凌駕すると。

 昨年読んだ『ヴォイニッチ・ホテル』ってマンガは、死も性愛もわりと不真面目に描かれていて、その不真面目さはある種のとても切実な叙情だと思うんだど、その中の台詞に「バカなっ チャック=ノリスの前歯をへし折れるモノが地球上にいるはずがっ」ってのがあってね。最近チャック・ノリスづいてるなぁと思っていたら、Twitterにて当該チャック・ノリスにフォローされる、など。

許して下さい!
許して下さい!





2011⁄02⁄02 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)









| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2011 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。