Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 That's my soul up there


 ニーチェとかバタイユとかサドとかマゾッホとか、そこら辺の仔らと真面目に付き合ってこなかったのは気恥ずかしいから。ニーチェに関しては小さい頃に「太陽の隣人だってよ!」などと言いながら男子寮の一部界隈で流行った程度。なんとなくキメ台詞の多さと威勢の良さに辟易しつつ。

 最近Twitterってサービスでよく遊んでいるのだけど、そこでバタイユが愉快なことを頻繁に呟いていて、「この仔はパッパラパーなのかしらん」と思いつつ、魅かれていることに気付くのにそう時間はかからなかったと言う。畏友曰く「あいつ、サルトルがノーベル賞獲ったから、次は僕かもって身構えてたらしいよ」とのこと。

 で、ね。この期に及んでバタイユ・デビューしたのさ。『内的体験』は何かしら切実なことが書いてあるように思えるため、Kawaii。それは結構だが、同時期に買った『切りとれ、あの祈る手を』にしてもそうだが、事あるごとにニーチェを参照していて、落ち着かない気分に。

 全世界的に今ニーチェとゾンビが流行っている(ドイツ人とイギリス人はゾンビ大好きみたいですよ)と不当前提すると、両者は「この全てが翳り衰弱していく世界の中、私はこんなにも生きているぞ!」と主張する点で通底するように思われるよ。ジェイン・オースティンとセス・グレアム=スミスの『高慢と偏見とゾンビ』のあらすじを参照しよう。

 18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林寺の手ほどきを受け、りっぱな戦士になるべく日々修行に余念がない。

 ……何を……言っているの? でも、そうだね。冷たい風の中ほてほて歩いていると、ふと自分の生命が枯葉程度に感じられることがあるものね。心細くなり、ふと谷山浩子の"ガラスの巨人"の「悲しみが攻めてくるよ/もっと大きくなれぼくのからだ」って一節が狂う程に鋭いアイスピックのように感じられる。

何だか、生き方を度忘れしちゃったかの如くに。
何だか、生き方を度忘れしちゃったかの如くに。


スポンサーサイト



2011⁄01⁄31 21:02 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)







 音楽だけが悪に拮抗する


BelfastConfetti

Ricky Warwick / Belfast Confetti

 日常にそっと寄り添います。

 楽しい想像:音楽にはいくつかの別な起源があるかも知れない。生命の躍動であったりもするだろう。だけど、今聴いているのは、貧困により生まれ苦難に育てられたらしいもの。その類で一番有名なものを、我々はBluesと呼ぶらしい。

 むかしむかし、THE ALMIGHTYってバンドがいましてね。Rock'n'Rollが馬鹿げた鋭さと出力を備え、歌心にこだわり、どこか憂鬱を引き摺っているような、でも、アメリカ勢にはないちょっと上品なフィーリングを持った、まぁ、ヘンテコリンな人たちなんだけど、そこのフロント・マンのソロ作を見つけたよ!

 小さい部屋で録音しているみたいな、とてもパーソナルな感じ。フォークのようなロックのような。フィドルにフルートが乱れ飛び、アイリッシュ・トラッドの香りも。アイルランドの貧困層がアメリカに渡り、Bluesが出来たとすれば、その前のアイルランドから出る前。

 正直、どの層に訴求するのかよく解らない地味な作品だと言えば言えるんだけどさ(アンプリファイアされた音が聴こえること自体が稀)。ラヴソングなんてただの一曲も入ってないぜ。"Angel Of Guile"って曲がやや近いけど、終わった幸せについて天に唾吐くって内容だぜ。

 どの曲も何だか憂いとか、貧困とか、そういうものを引き摺っている。引き摺っているんだけどさ! 寒くてお金なくて生活もしんどいけど、ぶつかりあったら暖かいから、まぁ、人生はとんとん。そんな風通しのよい知性がキリッとした詩情と共に、荒くれ野郎の熱い喉から迸っていて、とても心安らぐ。"Blood"って単語が度々出て来るんだけど、彼にとってとても大きな意味を持った言葉のようだ。

だから"If you're gonna bleed, wear black"って詩は優しい。
だから"If you're gonna bleed, wear black"って詩は優しい。





2011⁄01⁄29 21:00 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)







 Koenji Raining


「俺たちが今日ここに集ったのは偶然じゃねぇ。運命でもねぇ。何だと思う?」
「……愛?」
「チッチッチッ……"ブッキング"って言うんだぜ。覚えて帰ってくれ」

 イタバシさんに連れられてライヴに言って参りましたよ。それはホームタウン高円寺、無力無善寺というライヴハウス。もう店の名前からしてややこしい。下見をしに行ったら、アジテーションだか前衛詩だか判んないものが書きなぐられた無数の張り紙と奇妙な像。一目見て彼岸だと理解する。

 以前怖いもの見たさで高円寺のプログレ喫茶(複雑な音楽を聴きながらお酒呑んだりするところ)に行った時の恐怖が甦る。どう考えても君の家だろう、ここは。カウンターは禁煙。入って早々に出る機会を逸する。高円寺は稀に牙を剥く。友人曰く「前友達が来たときは、常連さんと囲碁やってたよ」とのこと。

 さて、その無力無善寺に入ってみると、スキンヘッドの壮年がポシェットを携えて立ち塞がる。「お客さんですか?」彼の名札には「加害者」と記されている。大きなHello Kittyの薄汚れた壁紙/吊り下げられたぬいぐるみ/謎の祭壇/政治論/経典:傷ついた自意識の流す血膿。

 そして、ああ、ライヴは。「人生50から! 50になっても! いいことがなかったら! 死ね!」というショートトラックが実はもっともクリーンな歌詞だったかも知れないという地獄。半裸の男がくねりながら長唄(?)を吟じ、赤い着物の女はダークサイド昭和な散文を詠唱しながら、それをエフェクターで変な音に歪めてゆき、まともなバンドだと思った彼らも歌いだしは「コンドームを忘れた」だ。

 わけても。日比谷カタン氏は本当に凄かった。クラシックギターの弾き語りなのだけど、何処かから笛のような音が聴こえてきたかと思えばそれは声であり、会話と演奏、ボサノヴァ、ラウンジ、フォークを縦横に行き来していながら、それは一貫してエモーショナルでキャピタルな<音楽>であった。フレンチ風のお洒落な曲調でも、歌っている内容は剃毛であった。「僕の剃刀さばきに何か問題でも?」

 アルペジオからフラメンコ風のトリプレット(タタタ・タタタ・タタタってヤツね)を経て、殆どBlack Metalのようなフルシュレッドに至り、耐え難い緊張感を演出したかと思えば、HipHop調になり、スムースに小沢健二のカバーが差し挟まれる。ギターは一本でオーケストラに匹敵するという言葉が腹に落ちる。技術が卓越していることの素晴らしさを知る。

 そのような。お洒落なカフェや古着屋ではなく、前衛がとぐろを巻いている怪しげな魔界。いわゆる「俺たちが自慢されたい中央線/俺たちが自慢されたい高円寺」を堪能し、イタバシさんと中華料理を平らげながら音楽の話などに興じるサタディナイト・デモーニッシュ・サタディナイト。

イ「あー広告デザイナーの人なんだね。なんか納得」
ゆ「そう!?」
イ「いや、あんだけ音楽出来るのは気味悪いけど」





2011⁄01⁄27 21:00 カテゴリー:探検! 誰かの町 comment(2) trackback(0)







 That's my soul up there


 懸賞的なものに当たったことがほとんどない。

 SEさん、ダウンそして復帰。「仕事が夢に出るって産業医に行ったら、そこにすげぇ食いついてさぁ。あとマネージャーも」当のマネージャーの謂いは「俺もエンドユーザーにすげぇ怒られて6kg痩せたけど、大丈夫だ」今――貴方、は様々な看過し辛いものをオフロードで踏み越えたね。

 そういうプロジェクトですが、1週間ほど不気味な凪が続いており、20時には現場からFar Away出来ている。私たちは語り合う。「こんな日が来るなんて思わなかったよねぇ」ええ、本当に。平日に私の人生が在るなんて、まるで夢のような事態だ。気分は高揚する。中野から高円寺まで毎日歩く。健康に対し、貪欲な姿勢を見せたい。

 時間が出来たら散歩とか、命の使い方を間違えている気がする。
 優先順位を正しくソート出来ていない気がする。

 かような懊悩の中にいて、私は会社の新年会ってヤツに行きます。おお、どこぞのビルのフロアを貸しきって立食パーティだなんて。前いたところでは考えられない贅沢じゃないか。同時に知り合いもいないため、早々に壁の花を余儀なくされる。I Bet I Don't Look Good On The Dance Floor(Or Other Else Places)

 そこで私はプロジェクトにて我々が勝ち取ってきた信頼と謝意を始めて聞いた。正直、酷いプロジェクトだと思うし、腹に据えかねることも多い。利益と自意識により論理が醜く捻じ曲がっていくのはなるべく見たくない光景だ。でもエンドユーザーともんどりあって、その結果が(おそらくどんな形であれ)返って来るポジションにいるんだな、と知った。

 そして私はくじ引きでハイボールセットを当てましたよ! 「去年流行ましたよね!」と司会者に言われて「え、そうなの?」みたいな顔をしましたよ! それはある種の危機ではないのか。最終的にそのハイボールは行き着けのサロンでみんなで美味しくいただきました。何とかっていうわりといいウィスキーだったみたいよ。ステキな年になれよかし。

ただし、記念写真を撮られた際、寝癖だかなんだかで前髪がはねていた。
ただし、記念写真を撮られた際、寝癖だかなんだかで前髪がはねていた。





2011⁄01⁄25 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)







 Why So Serious? 『ヒックとドラゴン』


TameDragon
『ヒックとドラゴン』

 私たち、きっと、童話を観ましょうね!

 何となく評判いいらしいから借りてきた『ヒックとドラゴン』に仰天したよ。何とかって島にはバイキングが沢山住んでいて、そこにおいてはドラゴンってのは害獣であり、筋肉によりドラゴンを多くねじ伏せる者が社会的ステータスを得る。そんな世界のはぐれ者の話。

「お前はその……直さなくちゃな」
「今、僕全部を指した!」

 主人公ヒックはひ弱で減らず口だけど、剄い目を持つ少年。放っておくと勝手に入念な観察を行い、頼まれてもいないトライ・アンド・エラーを繰り返しちゃう。他者の介入がなければ、ちょっとしたパラノイアだけど、何だかとても好ましく、物語が進むに従い、その目が重要な意味を帯びてくるあたり、「よくできてるなぁ!」とキラキラしちゃうぜ。

 なにせ、状況を鋭く観察出来る人はリーダーに向く。

 ええ、そりゃあ勿論映像の凄さときたら! 竜の背に乗り飛ぶ、そのスピード! 観ているこちらの内臓がフワッとなるような落下! ばかでかいものが宙に浮かぶ恐ろしい威圧感! そして! 女の子が男の子を好きになっていく過程!

 勝気で武闘派なヒロインの目の動きを追っていて、もう胸がキュンキュンすることしきり。心配で盗み見しちゃう/庇護の対象として優しく見守っちゃう/主人公が思いの他出来る子で、ライバルとして敵愾心をむき出しにしちゃう(わたしの立場は!?)……と心の動きってこれだけ解るのかとびっくり。

 そしてクライマックスの前の対話だよ、もう。ヒックにとって、実にマズい方向に状況が転がり出し、打ちひしがれた彼に対し、わざわざ皮肉を言ってみせるシーンがあるんだけどさ。その時の不安や怒りが混ぜこぜになった表情(怒る? 怒る? どうするの?)から、ヒックの返答を聞いた時の会心の笑みを観るにつけ、もう足をバタバタさせてしまう。

 あのシーンって、女の子が「お前は何物だ」と問うところだったように思う。逆境において、どう決断を下すのか、その決断を下すお前の来歴は何か、という、こう、実存的な。で、女の子はヒックがとても気になっているため、あんまりしょうもないヤツだったらがっかりなわけさ。だからこその不安と、その後の笑顔ってわけさ。「よし、こいつはわたしのもの!」みたいな。

 大冒険に大団円! ここ最近クネクネ考えている主題とやや近いところにヒットしたこともあり、「想像力! これが想像力だ!」と小躍り! 新しい時代をもたらす者が<内部>と<外部>の境界に位置する何かになってしまう、残酷な神話性までキチンと封入されていて、子供相手ってのは生半じゃいかんよな、と背筋が伸びる(だってあいつら、コストパフォーマンスとか考えないじゃん)。何より。

「今、僕全部を指した!」と「見たら殺せ(Kill in sight)」って使っていきたいフレーズ。
「今、僕全部を指した!」と「見たら殺せ(Kill in sight)」って使っていきたいフレーズ。






2011⁄01⁄23 21:00 カテゴリー:感想と雑感 comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


 避けろ! 虚無が感染るぞ!

 この歳になって偏頭痛なんて腹に据えかねるものであることが発覚すると同時にMRI初体験したってのはこの前述べた通り。その結果「不審な影が!」ペンタグラムを逆にしたような形(見よ、それは黒山羊のようではないか!)ではなかったのが不幸中の幸い……なの?

 そんなわけで心待ちにしていたMRI再検査。何故なら仕事を休めるから。それと同時にほんのり怖くなり、意図せず徹夜してしまう。悪魔城に直行だ! 寝転んでゲームでレベル上げをするよ。自動レベル上げポイントを発見し、もはや私が関係しないところでゲームが進むよ。

 今度の検査では造影剤を使うそうだ。副作用も懸念される薬らしく、全身に痒み/吐き気/ショック死等の事態に備え、スタッフがフルコミット出来る状況じゃないと検査できないため、病院が開く10分前にはお前はそこに居ろ、とただでさえ朝が弱いに私にそのような……死!?

 かくして2度目のMRI体験。狭いところに閉じ込められてインダストリアル・ノイズってのは、私にとってそこそこ苦しい。そこでこの徹夜が活きてくるって寸法さ。Sleep Alone Suck? いいや、上等だね! ……かないで……さい……うご……遠く聞こえる誰かの……。

スタッフ「寝返りうって、写真が撮れてない可能性がありますため、もう一回です」

 酷いよ! このサディスト! たっぷり輪切りにされた(二度も)結果、ほにゃほにゃ静脈腫であるとのこと。何か字面は恐ろしげだけど、動脈と違って随分と安全で、治療とかしないで過ごしちゃう人も多いんだってさ。ちなみに生まれつきなんだって。

ゆ 「……という結果でした。まぁ、問題ないみたいです」
部長「脳にねぇ……ああ、だからかぁ……」

 え?

代わりに<死が視える目>とか備わってればよかったのになー。
代わりに<死が視える目>とか備わってればよかったのになー。





2011⁄01⁄21 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)







 Koenji Raining


 Grave New World and Brand New Poverty!

 堕落したことがしたくなったため、近くのマクドナルドでジャンクフード然とした食べ物を買い込んで、『ゴスロリ処刑人』ってDVD見てやろうとうきうきしていたら、老人だらけだった。「これが日本の新しい貧しさの表れだったらイヤだなぁ」と、酷く暗澹たる気分になる。

 何年か前、スターバックスで一人、抹茶ラテを飲んでる老婦人を見て「ああ、何かハイカラなことに興味あったんだな」とほこほこした気持ちになったのだけど、今回のそれはちょっと意味合いが異なるように思える(ブランディングに踊らされてるだけかもだけど)。あのさ、私が言うのもなんですが、生活が雑になると、色々荒れちゃうよ?

 でも堕落の儀は粛然と執り行う。『ゴスロリ処刑人』に関しましては、冒頭コンビニから買ってきたっぽいパスタを頬張りながらがっつくように煙草をふかすチンピラが延々写しだされ、「ああ、ろくでもないことが起こりそうだ」という期待に違わず、とってもろくでもなかったです。

 外気うめぇ! 外・気・う・め・ぇ! 取り立ててすることもなく虚無的な目付きでダラダラ歩きながら外気を堪能する(空気は当然ではないのだ!)。Shibuyaに向かう途中愛用のPコートのボタンが取れましてん。ああ、用もないのにShibuyaくんだりに足を運ぼうとするからこんなことに。高円寺のとある商店街にて、直しをしてくれそうなクリーニング屋さんに駆け込む。

 何だか落ち着きなく忙しそうな爺様に見せたらば「一時間後ぐらいに来い」とのこと。アウターなしで外気浴は無理だよ! 「裏ボタンもつけて補強しておきました。100円下さい」わ、凄い。たとえ私が粉々になったとしてもPコートのボタンだけは無事であることでしょう!

その指の傷は尊いもののようでしたよ。
その指の傷は尊いもののようでしたよ。





2011⁄01⁄19 21:00 カテゴリー:探検! 誰かの町 comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


 でぃしぷりん(新年明けましておめでとうございます)! 今年も宜しくお願い致します。

 ……なんだよ。明けない夜はないというのは、果たして本当だろうか。それは検証済みであろうか。経験的にいつも夜は明けている/すなわち、明けない夜はないという命題は、臆断であり、それは知性の怠惰ではないのか。明けない夜もあるのではないか。

 昨年を振り返りて思うに。長期出張を言い渡される/会社が潰れる/振られる/デスマ/腸炎/偏頭痛/銀歯が取れる/偏頭痛/脳が!/デスマ/デスマ/デスマ/試験、落ちてた……最早運命に抗う気力もなく翻弄されるに任せる左廻りの一年であり、それはもう思わず天に振り上げた拳から人差し指と小指が立ってしまい図らずもSign Of Hornsでした。悪魔!

マネージャ「ゆが行かきゃダメなのは病院じゃなくて神社だと思うよ」

 かくして年末年始もお仕事でしてね。正月がただの3連休に! Fuck! ケツは神って野郎に貸してやってもいいが頭は俺のもんだ! ダメなDVDとそうでもないものを山ほど借りてきて、部屋に閉じこもる。煙草の煙と暖房で酷い空気の中、口を開けてぼんやり映像を見てミサントロピック・ハイ。

 そしてようやく、私は年が明けたと、宣言するのです。然り、然り! 明けない夜も明けない年も終わらないデスマも、ある。私は時間ってやつに切れ目を入れ編集した。今年こそはハッピーになろう、と。バンドしたいし、色んな場所に行ってみたいし、色んな人に会ってみたいな。

はじまるよー。
はじまるよー。





2011⁄01⁄17 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)









| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2011 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。