Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 音楽だけが悪に拮抗する


KHOC

KREATOR / Hordes of Chaos

 もう年明けからずっと聴いてるKREATORの新譜でございます。やーもうかっこいい。

 ここ2作ぐらい、ドラマティックで普遍的な泣きが入ったアルバムが続いるけど、今回も基本的にその路線。ただ、まどろっこしい展開を廃し、汚い音質でギャンギャン爆走する曲、なんか「え、このメロディ、これで合ってるの?」と言いたくなるような独特なメロディラインを持つミドルの曲等、曲の個性が際立っており、脂肪が落ちて引き締まった印象。

 勇壮なイントロがばっちり決まってて、ラストにそのモチーフに再び帰る構成がかっこよすぎる"Hordes of Chaos"、変な刻みから泣きの爆走へ雪崩れ込む"Warcurse"、劇的な"Run Amok Run"(走れキチガイ走れ、とは)、じっとり始まって急にハードコア調になる"To The Afterburn"から静かなインストを挟んで"Demon Prince"が幕を開ける展開も素晴らしいったらございません。

 21世紀のご時世に思い切ったタイトルをつけたもんだぜ、"Demon Prince"。

 何時頃からかちょっと解らないけど、Mille Petrozza(速そうな名前だ。素晴らしい)は社会との軋轢に個が押し潰される様や全体主義や戦争やテロリズムについて、ほとんどオブセッシヴなまでに繰り返し歌うようになっているように思う。"Hordes of Chaos"の"chaos! everyone against everyone!"というサビはホッブスのリヴァイアサン?

 ……という読みに全く逆行するPVがもう、その、何て言ったらいいか。何で半裸のマッチョ勇者様が戦う様を見せられなくちゃならないのさ。お前、このPV作る時ちょうど『300』見てただろ。見たのをそのまま使ったろ。

 死屍累々と横たわるマッチョの死体の山の上で演奏するKREATORはちょっとかっこいい。

 ちなみに、前作の"Enemy of God"(名曲!)は隠喩を交えて戦争について歌った曲であると私は思っているのだが、"purity and innocence is killed"というサビに引っ張られてか、この曲のPVはKREATORを聴いた女の子が逆ペンタグラムを部屋の壁に書いたりsatanikになっちゃうという趣旨にしか見えず、こっちはこっちで大変酷い。

 Mille Petrozza、デヴィッド・リンチが好きとか言ってた気がするのになぁ……。



スポンサーサイト



2009⁄03⁄30 23:45 カテゴリー:音楽の話 comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


 お菓子の家、天の川、性病のクリスマスツリー

 協力会社の方がパチンコの景品であるチョコレート的な何かを小太りの課長の机の上にそっと置くや否や、周囲のデスクの人たちも挙ってガムや飴ちゃんなどを次々と机に並べ始める。

 課長の机の上は書類とお菓子の山になる。なんだかいい大学に入っていい企業に入ればいい人生を歩めると頑なに信じているご婦人のお子様が勉強しているような光景に陶然となる。

「……何?」
「いや、似合うなーって思って
「課長、甘やかされて育った子供みたいス」

 先述のように、8つのプロジェクトが平行で動くという地獄のような火事場へ突入していくわけだが、さらに新人教育まで始まる始末。ひゃっはー! 仕事捌き放題だぜぇ!

新人:「あの、課長、今日はもう帰ろうと思います」
課長:「あ、いいよ。帰って何するの?」
ゆ :「鬱陶しい!!」






2009⁄03⁄28 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


 Is This love? That I'm feelin'

 お酒飲んだのよ。男性陣も女性陣もとてもガツガツしていないというか、最早取り立てて双方に関心のない合コンをセッティングして差し上げた。これはもう飲み会ということでよろしいか。

友人:「プリマの座は渡さないわ!」
ゆ :「ふん、田舎娘風情が」
友人:「おっぱいがでかいだけのおばさんのくせに!」

 いつも通りのびのびと話をし、友人をゲイ扱いし、神曲とベアトリーチェの話をし、挙句の果てにマニ車という言葉で笑いが止まらなくなる。女性陣のうちの1人は近々アンコールワットとかに行くそうだ。生マニ車かよ!

 美味ぇwwwwwチーズケーキのシフォン美味ぇwwwwww

 友人に誘われ、その少女の夢のようにふわふわとしたチーズケーキのシフォンを夢中で食べた後、角打ち(立飲み屋さん)へ行く。この落差が"Battery"のアコースティックパート→爆走パートという感じでよいではないですか。

 しかるに、背後で48歳の紫色のパンツとセーターを着た男が延々と神の話をしていたので、私たちはとても落ち着かない気持ちになりました。

「小さい頃から虹が見えていたんです。光が。僕だけに」
「僕はすぐ分かりました。神だって。光は神なんです」

 聖ワレンティーヌスの日に、正真正銘のコンパ(コンビーフ・パーティ)の儀をしめやかに執り行う。私などはとても懐かしい気分でもりもり食べていたのだが、友人のうちの1人のお口には合わなかったらしく、えづきながら「土の壁食ってるみたい」と申しておった。

 失礼な! 聖ワレンティーヌスに謝れ!





2009⁄03⁄26 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)







 音楽だけが悪に拮抗する


pankore

パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~

「狂ってやがる」
「病気だぜ」

 何度も何度でも言うが、Sid Viciousを崇拝している男と椎名林檎を崇拝している女にろくなのがいない。Sid Barrettを崇拝している男女に関しては、それはもう相当だろうと思うのだけど、幸運なことにまだお目にかかったことがない。

 さてもさて。声優にpunkオールディーズを歌わせようなんて誰が言い出した?

 それはもう、Sid Vicious崇拝者やKart Cobain崇拝者を完膚なきまでにコケにし尽くすラディカルなカバー・アルバムでございます。ギターのフィードバックのような高音で甘えるように歌う数人に関して、この類の声をかわいいと思ったためしがないのだが、見事に知性の低さを表現しきっていると思う

 どう前頭葉を強打したのかゴスペル調に改竄されちゃったビザールな"Anarchy in the U.K."や"Smells Like Teen Spirit"、気合の入った(ただしバックバンドだけが。ヴォーカルは肩の力を抜きまくっている)"Seach and Destroy"、どんなアレンジになっても結局RAMONESな"Blitzkrieg Bop"(RAMONESは偉いなぁ)、"Ruby Soho"あたりが好ましい(ヴォーカルがちゃんと歌ってる)。

 それにしても、"call me"はいい曲だねぇ。

 THE POLICEの"Truth Hits Everybody"やTHE DAMNEDの"Love Song"とか、私は好きなので、聴いてみたくもあったが、トンチキなアレンジされるときっと悲しい思いをすると思うので別にいい。

 予言:もしこの類のお遊びに第二弾があったとして、次はきっとmetal。"Angel of Death"の受けを狙った邪悪なカバーが入っている傍ら、"Highway Star"等「違うだろ、違うじゃん」と煩悶するようなのも入っている。"Aces High"のカバーでは「ソロが」だの「展開が」だの、metal村の連中が小型犬さながらにひゃんひゃん言う。

 視える――視えるぞ……。






2009⁄03⁄24 23:45 カテゴリー:音楽の話 comment(3) trackback(0)







 That's my soul up there


 Miyazaki Death Miyazaki

 1日目:ホテルにて。長距離移動と度重なるトラブルによりグダグダに疲れ果ててホテルに帰り、書き物をしようとして力尽きた矢先、酔っ払ったのかもともとそうなのか、おっさんが部屋を元気よく飛び出し、大声で歌う。

 2日目:1日目に放っておいた書き物をどうしてもせざるを得なくなり、寝不足で爆ぜる程に痛む頭痛に堪えながら作業をしていたら、火災報知器が鳴り響く。もういっそのこと世界なんて焼け落ちればいいと思っていたら誤動作。つつがなく書き物に戻ったら、外で酔っ払いが喧嘩。

 3日目:webシステムを組んだのだが、携帯から見た時とパソコンのブラウザから見たときで挙動が違う。本社に相談したら、「pcから携帯用システムを見たら、pc用システムに、携帯からpc用システムを見たら携帯用システムに切り替えてあげるコードをトップ画面に組み込んであげるといいよ!」とのこと。現地でか。やったらぁ。

 結果、「携帯からpc用画面を見たら携帯用画面へリダイレクトしたら携帯用画面へリダイレクトしたら携帯用画面へリダイレクトしたら……」というウロボロスの蛇を模した観念的なシステムに。ほほう。これが無限ループというヤツですか。システム上で狂ったようにリダイレクトするってのは、つまりF5を猛烈に押すのと等しいBrute Force Attackなワケで。

 ヒャッハー! サーバ狩りだぁ!

 どの角度から見てもヤクザがフロント。「うちの朝食は無農薬で身体に優しいので、是非お召し上がり下さい」とのこと。とても紳士的で、我々の惨状を見兼ねてか色々気をかけて下さったのだが、非常にやさぐれた気分であったため、口の中で「クソが」と呟く。

 4日目:本来なら上記の3日間で仕事が終わる筈だったのだが、サーバがXX社のものであったため、OS付属のとっても大事なソフトが何故か入っておらず、システム導入失敗。自社で念入りに調べ上げて再突撃。10分でシステム導入完了。夜は先輩と呑む。地鶏美味しいです。


 5日目:宮崎の片田舎から宮崎に向かう列車が濃霧で1時間弱の遅れ。いざというときのために遅延証明書を貰ったら、45分の遅れ、とサバ読んでやがる。Conclusion:もう二度とMiyazakiには足を踏み入れたくない。あんなデヴィル・クエイク後の魔界田舎に赴くぐらいなら、いつか生まれるであろう我が子にタバコを教えるほうがマシだ。






2009⁄03⁄22 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(2) trackback(0)







 That's my soul up there


 Still not fast enough, still not loud enough.

 ライヴご来場どうもありがとう! お陰様でキャッキャ楽しいライヴが出来ましたのです。

 機材運搬中、左手の人差し指が突如青黒く腫れる/チケットを家に忘れる/バンドのテンションがリハ前に最高潮を迎え、蟷螂の真似やカブトムシの真似が相次ぐ等、よく解らないアクシデントに見舞われつつ、私たち、とっても頑張りました。

 元々酒が入っていたのか、ライヴ会場の近くのコンビニで弟Aに会った時点でかなりアレな存在と化していた弟A、ステージによじ登って何かする。私たち、その、3ピースバンドで、中央が空いてるじゃないですか。そのポジションでガタイがいいのが何かしてると、こう、妙に収まりが良くて……。

 なんて言うか、弟Aのバックバンド……?

 プチ打ち上げ感覚で近くのうどん屋さんでうどんを食べていたところ、弟Aから電話。もういい加減ベロンベロンに酔っ払った弟Aとその佳い人も合流したのだけど、何だかよく解らないことを口走り続ける弟Aに「お前はいい、お前はいい」と妙に絡まれるハサーン。弟Aの佳い人、弟Aと付き合うのはとてもとても大変だろうなって思った。

 その後、佐賀からおいでのHURRICANE MIXER(かっこよかった!)ってバンドの人とちょっと仲良くなって、一緒にキャッキャ言った。同じSG使いとして一方的なシンパシーを寄せてみる。

「俺、機材のこと何も判らないんですよ~」
「あ、俺もス」
「エフェクターとか一個しか持ってなくて」
「俺、アンプ直ス。アンプも摘みのほとんどを使えてない状態で……」
『うふふふふふ』

 なんかもう、いくらプロジェクトで火炙りにされても平気な気分だ。






2009⁄03⁄01 23:45 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)









| HOME |

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2009 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。