Happiness is overcoming your fears
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







 Koenji Raining


 Nocturnal Endless Entrails Theatre......

 肉に飢えてゐた。私は美容師さんに尋ねる。「ここら辺で美味しいお肉屋さんありませんか」と。あまりにもヴィジョンが絞れていない。肉のイデア/大文字の肉。美容師さんはしばらく天井を見つめ、とても美味しいホルモン屋さんを紹介してくれた。私はそこに行く。

 ホルモンって、肉?

 ともあれ、友人が誕生日を迎え(そして誕生日パーティの時期をズルズル逃し)たし、その友人がとても大変な状況らしいので、急遽みんなでご飯を食べに行くことになった。体よく予約が取れたので、古本屋を巡る。とても楽しく。レヴィナスの『暴力と聖性』、佐々木中『夜戦と永遠』、ともに見つからず。

 ただし、マゾヒズム文学の嚆矢とされるマゾッホの『毛皮のマリー』を発見。以前も述べたように私の周囲に性的なマイノリティが溢れ、私はごくフラットな異性愛者であり、かえって私がマイノリティのような昨今、性的倒錯にはあまり興味がないのだけど、プレゼントとしては面白いかも知れない、と。

 両者あまり興味のない分野の古典を贈るというのは、程よく暴力的な気がして。

 かくして集りゆくMetal Headz In 高円寺。待ち合わせ場所の近くでどこぞの若者が「Mother Fxxker!」と叫びおり、そのこと自体がアトラクション的に喜んで貰えたのでよかったです。「頭の中の高円寺とあんまり距離がなくてよかった」とのこと。お肉はとても美味しかった。

「やった凹ませた! 酒うめぇ! 酒うめぇ!」

「このアルバム派手?」
「地味っス。アダルト・オリエンテッドっス」
「おとなのあじ!」
「夜のオカズっス」

私たち、今度はお花見しましょうね!
みんなで、きっと……。


スポンサーサイト



2011⁄03⁄17 21:00 カテゴリー:探検! 誰かの町 comment(4) trackback(0)







 Koenji Raining


 道半ばに在りて

 ぼんやりした頭で雑事をこなし、家に帰る途中、意を決した感を漲らせつつ裸のフォークギターを片手に凛然と広場に向かう兄ちゃんとすれ違う。至っている、若気が。それもちょっと気を失いたくなる程に高円寺的なメソッドでもって。

 手短に言うと、地震にあいましてん。なんかゆらゆらするなぁ、病み上がりだからかなぁと思っていたら、飲み物の表面がゆらゆらしており、「あれ? 揺れてるね?」と隣と確認しているうちに引出が勝手に開閉し始め、焦点も合わないぐらいの揺れが。

 なんだかふわふわした現実感の中、近くの公園に避難すると、身も世もないとばかりに泣き叫ぶ外国人の子供。ましてや地震なれしていない外国人、ましてや子供。「この混乱に乗じて、あの滑り台、やってみてぇな」と隣の誰かが呟く。見ると小さい子を抱いた若いお母さんがスーッと滑り降りている。

 う~ん、子供をあやす方法としては、どうだろう?

 ええ、エンドユーザのマネージャーが公園に到着した時、我々は「何こんなところで遊んでんだ!」ってアテレコして楽しみ、何だかんだあって解散。取り合えず、徒歩で何とか家を目指す。12キロなら徒歩圏内……とは言え、冷え込みと土地勘のなさと一人ではないこともあり、何とか知恵を絞ることに。散々っぱら迷い、休憩に呑み屋に入ればそこはしゃれおつなバーで激しく肩身が狭かったり。

 後輩君共々咳が止まらなくなったり、足の感覚がなくなってきたり、さらには携帯端末のバッテリーが切れそうになってきたところで、丸の内線が走り始めたという報が入ったのが午前1時。ダメもとで向かう。もう終電が終わってるかも知れない。そうでなくても人がいっぱいで乗れないかも知れない。駅員さんに恐る恐る尋ねる。

「はい。乗れますよ。今日は終夜運行です」

 その語調は矜持に障ったときの語調に似ていた。「人を運ぶと決め、その仕事をやり抜く覚悟在り。むしろその気遣いこそが恥」とのみ響きましたため、私たち、「すげぇ、本当に帰れちゃうよ」と。そのようであったからこそ、気分が悪くなったご婦人を、我々微力ながらもお助け申す。Tweetにて近所のクレープ屋さんが避難所として場所を開放していることを知る。曰く「水と暖房とクレープあります」

 クレープ……。

 もちろん、私が体験したのはただの不便以上ではない。今なお頑張り続けている人は数多くいる。故人を悼む暇もない苦しみの中にある人もいる。家族や自分自身の危険を脇に置いて頑張り続けてくれているインフラに従事している人たちには、何とお礼を言っていいかわからない。被災地とは何の関係もないところの人たちもリソースを廻そうとしてくれている。

 あの。リソースが余ってる人にお願い。Noblesse Obligeを何の衒いもなく、それと知らず実行出来ちゃう人が普通に何千人もいるという事態は、何て言うか破格に無茶苦茶なことで、数多くの賢人が、そりゃもうそれを語るだけで殺されちゃうような時代でも、ずっと捨てきらずに夢見たりあまつさえ書いたりしてきたことであることを時々想像してみて下さい。どうか我々が普通に整然として在る勇気を持ち続けることが出来ますように。

HAPPINESS IS OVERCOMING YOUR FEARS.
HAPPINESS IS OVERCOMING YOUR FEARS.





2011⁄03⁄15 21:00 カテゴリー:探検! 誰かの町 comment(0) trackback(0)







 引用042 『INVICTUS(破れざる者)』


Out of the night that covers me,
私を覆う夜の黒さは
Black as the Pit from pole to pole,
鉄格子の間のひろがる牢獄の如くに
I thank whatever gods may be
神が何者であろうと私は感謝する
For my unconquerable soul.
我が魂が決して征服されないことに

In the fell clutch of circumstance
状況に小突き回されてもなお、
I have not winced nor cried aloud,
私は怯まず嘆きの声を挙げもしなかった
Under the bludgeonings of chance,
運命の棍棒に打ちのめされ
My head is bloody, but unbowed.
血を流したとしても、私はこうべを垂れぬ

Beyond this place of wrath and tears
この憤怒と涙の地の彼方より
Looms but the Horror of the shade,
恐怖の亡霊が這い寄ろうとも
And yet the menace of the years
幾年脅かされようとも
Finds and shall find me unafraid.
私が恐れ知らずであることを見よ、見るがいい

It matters not how strait the gate,
その門がいかに狭きものであろうとも
How charged with punishments the scroll,
如何に連なる裁きを要求されようとも
I am the master of my fate:
私こそ我が運命の主であり
I am the captain of my soul.
私こそ我が魂の指揮官である

  William Ernest Henley - INVICTUS





2011⁄03⁄13 21:00 カテゴリー:引用、もしくは考えるべきこと comment(0) trackback(0)







 That's my soul up there


 システムエンジニアたち!

 何かと故障者が多いこのプロジェクト。今のプロジェクト・マネージャー(以下、PM)は5人目だそうだ。1人目は1週間で更迭、2人目は2ヶ月で、その、心を悪くしてリタイア。その後のあれやこれやお祭騒ぎで、結局今の人に落ち着いている模様。

ゆ「あの人、頑丈ですよねぇ」
SE「我が社でも有名なパンチ・ドランカーだからな!」

 痛いとか痛くないとかとっくに超越していて、それはとてもエモかった。

 我々の間で密かにごくごく些細な自意識の発露を全て「あいつは、チャラ男だ」で片付けるという非常に暴力的な遊びが流行するのも、無理のないことだろうよ。ネクタイの選び方について、洋服屋さんのとっぽい兄ちゃんからレクチャーを受けたのみで、いまいち良し悪しが解らない私でさえも、下記のような誹り。

SE「ゆさん、ネクタイkawaiiですね」
ゆ「そ、そうでしょうか?」
SE「チャラ男ですね」
PM「でもネクタイの可愛さで言ったら、エンドユーザのマネージャには負けるな」

 曰く。「あんなにネクタイかわいいのに、どうしてこんなに怒るんだろうって。怒られている間中、目を見れなかったから、ずっとネクタイを見ていて、それが今でも……」そのPMは見た感じダンディなのだけど、潤んだ目が、こう、草を食んでいる感じ。一方私は仕事があんまり忙しいと亡くした父と同じ症状が出ることに気付き、思わぬところで父と再会を果たしたのです。

"N" is for Noblesse!
"O" is for Oblige!
Thus comes out "NO"!

高貴なる名において否を唱えよ!
高貴なる名において否を唱えよ!





2011⁄03⁄11 21:00 カテゴリー:白昼夢のような日々 comment(0) trackback(0)







 引用041 『切りとれ、あの祈る手を』


 そしてまた、ムハンマドは天使を介してのみ神の言葉を聞きます。ということは、ムハンマド自身は直接は神を見てもいないし神の声を聞いていないということです。これも「いわゆる神秘主義」とは違う。

 そう、天使とは何か。それはこの二つの母、二つの母なるものを隔てて止まぬ、「読み得ぬ」ということの距離そのものであり、この無限の距離が解消される「読みうる」ことの、極小のチャンスなのです。邂逅のチャンスであり、遭遇のチャンスであり、そして自らが神であるなどと言う傲慢を許さぬ無限の「疎隔」である。

 読み得ぬことが読み得ることに転化し、読み得ることが不意に読み得ぬことにかき曇る、この絶対的瞬間。これ自体が「天使」であり、天使的なことなのです。

  佐々木中/『切りとれ、あの祈る手を』p.102





2011⁄03⁄09 21:00 カテゴリー:引用、もしくは考えるべきこと comment(0) trackback(0)









| HOME | next »

プロフィール

ゆ

Author:ゆ
職にちょっと馴れてみれば
即「還俗した」などと抜かしてみる。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


▲pagetop


Copyright © 2017 le symbolique. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。